中枢神経と受容器・効果器との間で、2個のニューロンから構成されるのはどれか (2013年 あマ指 問題29)

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

中枢神経と受容器・効果器との間で、2個のニューロンから構成されるのはどれか (2013年 あマ指 問題29) I got %%score%% of %%total%% right

中枢神経と受容器・効果器との間で、2個のニューロンから構成されるのはどれか (2013年 あマ指 問題29)

※ 脊髄神経支配領域で考える。(頭頸部の運動・感覚は脳神経支配領域)
1 × 体性運動
脊髄前角 → 骨格筋 (中枢神経から骨格筋まで1個のニューロン)

2 × 体性感覚
温痛覚・粗大な触圧覚 → 脊髄神経節 → 脊髄後角で2次ニューロンに接続 (末梢感覚受容器から中枢神経に入力するまで1個のニューロン)
識別性触圧覚・深部感覚 → 脊髄神経節 → 脊髄後索を上行 → 延髄後索核で2次ニューロンに接続 (末梢感覚受容器から中枢神経に入力するまで1個のニューロン)

3 ○ 内臓運動
胸腰髄の側角(交感神経節前線維)・迷走神経、仙髄側角(副交感神経節前線維) → 自律神経節 → 自律神経 節後線維 → 内臓 (中枢神経から末梢の効果器まで節前線維と節後線維の2個のニューロン)

4 × 内臓感覚
内臓の感覚受容器 → 内臓求心性神経 → 脊髄中間質 (末梢感覚受容器から中枢神経に入力するまで1個のニューロン)


自律神経系は交感神経系と副交感神経系に大別される。自律神経は中枢を出ると目的臓器に達するまでに必ず一度ニューロンを交代する。交代のために神経細胞が集まっているところを自律神経節という。中枢にある神経細胞を節前ニューロン、それから出る線維が節前線維、途中の神経節にある神経細胞を節後ニューロン、神経節細胞から末梢臓器に至る線維を節後線維という。(p.144 自律神経系)

よって、自律神経系 (交感神経・副交感神経) を選べば良い。よって内臓運動が正解となる。

※ 解剖学では一般臓性遠心性 (GVE) のみを「自律神経」として扱うことが多く、教科書の自律神経系 (p.144)にも、内臓求心性神経のことは記述がない。一方、生理学では自律神経も遠心性と求心性に分け、遠心性はいわゆる「交感神経・副交感神経」、求心性は「内臓求心性神経」がそれにあたる。

次の問題

[kanren postid=“1881”]


最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP