上行結腸について正しいのはどれか (2015年 鍼灸 問題22)


解剖夏期講習 全8回(8月第1週〜4週 火・木)
消化器と泌尿器、神経組織と筋組織、皮膚について徹底的な国試対策
1. 豊富な図による解説
2. 丁寧な問題解説、図による理解
3. 記憶を強固にする「チャンク化」による国試解説
4. 頻出の類似問題などを間引かない、徹底した問題演習

Peatixお申し込みページを見てみる

 

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

上行結腸について正しいのはどれか (2015年 鍼灸 問題22) I got %%score%% of %%total%% right

上行結腸について正しいのはどれか (2015年 鍼灸 問題22)

1 × 肝臓の方形葉下面に接する。
右結腸曲〜横行結腸にかけて右葉の下面に接する。方形葉は肝鎌状間膜の右側、胆嚢の左側に位置するので、上行結腸が接することはない。
方形葉下面には胃が接する。【典拠:プロメテウス-胸部/腹部・骨盤部 p.204 肝臓:位置と隣接臓器との関係】

2 × 脾臓に接する。
上行結腸は右側、脾臓は左側。接することはない。

3 ○ 右結腸動脈が分布する。(p.46 図2–15)
上行結腸は右側なので、右結腸動脈が分布する。(上腸間膜動脈の枝)

4 × 輪状ヒダを持つ。
輪状ヒダ・腸絨毛・微絨毛は小腸の特徴
結腸ヒモ、結腸膨起、腹膜垂、半月ヒダは結腸の特徴

次の問題

[kanren postid=“1161”]



解剖夏期講習 全8回(8月第1週〜4週 火・木)
消化器と泌尿器、神経組織と筋組織、皮膚について徹底的な国試対策
1. 豊富な図による解説
2. 丁寧な問題解説、図による理解
3. 記憶を強固にする「チャンク化」による国試解説
4. 頻出の類似問題などを間引かない、徹底した問題演習

Peatixお申し込みページを見てみる

 

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP