【解剖学 国試演習】3-4 呼吸器系-肺・縦隔・呼吸運動

【なるほど解剖学】上皮組織と結合組織

なるほど解剖学-上皮組織と結合組織

上皮組織、結合組織は勉強しようとすると、免疫の話まででてきたりして、とっつきにくいところ。 そんな上皮と結合組織をバッチリ解説、問題演習でしっかり理解。 今回も解説プリント付き!

新入生を含めて、全国の学生さんを応援できたらいいなと思ってがんばります。 たくさんの方々にご参加いただけたら嬉しいです。 クラスメイトもぜひ誘ってあげてください! そして、上皮と結合組織をみんなで得意にしてしまいましょう。

  • 日時 2021年5月9日(日) 9:00〜12:00
  • 方法 YouTubeライブ
  • プリント付き 解説19ページ、問題、問題解答 17ページずつ
  • アーカイブ動画付き 後から何度でも振り返り学習が可能
お申し込みはpeatixにて

【なるほど解剖学】上皮組織と結合組織 | Peatix

815問の国試過去問で強くなる - アナトミーブートキャンプ アーカイブ版

アナトミーブートキャンプアーカイブ版

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

【解剖学 国試演習】3-4 呼吸器系-肺・縦隔・呼吸運動 I got %%score%% of %%total%% right

あなたの結果を共有する


Google+



解説ムービー


(あマ指-1996-22)
問題3-d1 肺について、誤っている記述はどれか。

1.左肺は3葉に分れる。× 2葉
(肺葉も房室弁も左二右三)

2.肺尖は頚部に達する。
(肺尖部は鎖骨上方2〜3cmに達する。鎖骨の上は頸部)

3.心圧痕は両肺にある。
(心圧痕は両肺、心切痕は左肺のみ)

4.肺底は横隔膜に接する。

(解答 1)

(あマ指-2001-25)
問題3-d2 肺について誤っている記述はどれか。

1.表面は胸膜で覆われている。
(肺表面は臓側胸膜で覆われ、肺門部で壁側胸膜に移行)

2.左肺は3葉からなる。× 2葉
(肺葉も房室弁も左二右三)

3.肺動脈は肺門を通る。
(肺に出入りする血管・気管支・神経などが通過)

4.肺尖は鎖骨の上方にまで達している。
(鎖骨の上方は頸部であることに注意)

(解答 2)

(あマ指-2003-22)
問題3-d3 肺について誤っている記述はどれか。

1.肺胞上皮は線毛上皮である。× 単層扁平上皮

2.栄養動脈は気管支動脈である。
(気管支動脈:栄養血管 / 肺動脈・肺静脈:機能血管)

3.細気管支には軟骨がない。
(軟骨が消失したところから細気管支となる)

4.表面は胸膜で覆われる。
(肺表面は臓側胸膜で覆われ、肺門部で壁側胸膜に移行

(解答 1)

(あマ指-1997-25)
問題3-d4 肺門を通らないのはどれか。

1.気管支

2.肺静脈

3.気管支動脈

4.胸管 ○ 

(解答 4)

胸管は腰リンパ本幹と腸リンパ本幹の合流して始まり、大動脈裂孔を通過した後、縦隔後部から縦隔上部を上行し、胸郭上口より頸部に出た後、左頸リンパ本幹と左鎖骨下リンパ本幹が合流し、左静脈角に注ぐ。

(あマ指-2004-28)
問題3-d5 呼吸器について誤っている記述はどれか。

1.右肺は3葉からなる。

2.左気管支は右気管支より太い。 × 細い(左の気管支は細く長く水平に近い)

3.肺表面は臓側胸膜で覆われる。
(肺表面は臓側胸膜で覆われ、肺門部で壁側胸膜に移行)

4.胸膜腔は陰圧である。
(胸膜腔が陰圧なので、肺が膨らんでいられる。
吸息時には胸腔容量が増え、さらに陰圧が高まる。)

(解答 2)

(鍼灸-1995-22)
問題3-d6 肺について正しい記述はどれか。

1.右2葉、左3葉からなる。右3葉、左2葉

2.胸膜腔は滑液で満たされる。漿液(滑液は関節腔)

3.臓側胸膜は肺尖で壁側胸膜に移行する。肺門部

4.肺門は縦隔に面する。

(解答 4)

(鍼灸-2000-21)
問題3-d7 肺について誤っている記述はどれか。

1.右肺には水平裂がみられる。
(斜裂は両肺、水平裂は右肺のみ/心圧痕は両肺、心切痕は左肺のみ)

2.肺の表面は臓側胸膜で包まれる。
(肺表面は臓側胸膜で覆われ、肺門部で壁側胸膜に移行)

3.胸膜腔は滑液で満たされる。× 漿液
(滑液は関節腔)

4.肺尖は鎖骨上方へ突出する。
(肺尖部は鎖骨上方2〜3cmに達する。鎖骨の上は頸部)

(解答 3)

(鍼灸-2006-23)
問題3-d8 肺について誤っている記述はどれか。

1.左肺は2葉に分かれる。

2.表面は臓側胸膜で覆われる。

3.肺静脈は右心房に入る。× 左心房

4.ガス交換は肺胞壁において行われる。
(血液空気関門:肺胞上皮・基底膜・毛細血管内皮)

(解答 3)

「右心は静脈血・左心は動脈血」
「心房は血液を受け取る・
心室は血液を送りだす」

(鍼灸-2009-20)
問題3-d9 左右の肺について正しい記述はどれか。

1.左が右より容積が大きい。小さい

2.左には水平裂がある。

3.右には心切痕がある。

4.右は上大静脈に接する。○ (上大静脈も下大静脈も右側)

(解答 4)

斜裂は両肺、水平裂は右肺のみ
※ 肺葉は左二右三、斜裂で下葉が隔てられる。右肺はさらに水平裂で中葉が隔てられる。

心圧痕は両肺、心切痕は左肺のみ
※ 肺が心臓と接する部分で凹んだところが心圧痕、心尖部が左側に寄るため、左の心圧痕のほうが深くて大きい。これを前から見ると、肺の一部が切れて見えるので心切痕という。

(鍼灸-1999-21)
問題3-d10 呼吸器について正しい記述はどれか。

1.上顎洞は上鼻道に開口する。中鼻道(上鼻道には後篩骨洞が開口)

2.声帯筋は平滑筋である。骨格筋(横紋筋)

3.気管膜性部は食道に接する。○ 

4.左肺には水平裂がみられる。右肺

(解答 3)

(あマ指-1993-37)
問題3-d11 縦隔を通過しないのはどれか。

1.胸管 上部〜後部

2.食道 上部〜後部

3.迷走神経 上部〜後部

4.肋間神経 ○ 左右の肺の間が縦隔。肋間神経は胸壁(肺の外側)なので縦隔外。

(解答 4)

縦隔の区分 内容物
上部 胸腺, 気管, 食道, 大動脈弓, 上大静脈, 腕頭静脈, 奇静脈, 胸管, 横隔神経, 迷走神経, 交感神経幹
下部 前部 胸腺の下部, 内胸動脈
中部 心臓, 上行大動脈, 肺動脈, 肺静脈, 上大静脈, 横隔神経
後部 気管支, 食道, 胸大動脈, 奇静脈, 半奇静脈, 胸管, 迷走神経, 交感神経幹

(あマ指-1996-36)
問題3-d12 縦隔について、誤っている記述はどれか。

1.左右の肺の間の空間である。

2.後方には脊柱がある。

3.縦隔には心臓がある。

4.縦隔には肝臓がある× ない(肝臓は右上腹部)

(解答 4)

(あマ指-2007-23)
問題3-d13 縦隔内に存在しない臓器はどれか。

1.咽頭 ○ 咽頭は頸部。C6の高さで食道に移行

2.食道 上部〜後部

3.気管 上部

4.心臓 中部

(解答 1)

(鍼灸-1997-33)
問題3-d14 縦隔内に存在しない器官はどれか。

1.食道 上部〜後部

2.肺 ○ 

3.心臓 中部

4.胸大動脈 後部

(解答 2)

(あマ指-2004-22)
問題3-d15 安静吸気時に働くのはどれか。

1.外肋間筋 ○ (吸気筋)胸式呼吸は外肋間筋、腹式呼吸は横隔膜

2.胸横筋 (呼気筋)胸骨の前面および剣状突起を起始とし、第2~第6肋軟骨に付着

3.肋下筋 (呼気筋)内肋間筋の下層で、内肋間筋と同じく肋骨を引き下げる

4.内肋間筋 (呼気筋)努力性呼気時の主動作筋。肋骨を引き下げる

(解答 1)

(あマ指-2007-22)
問題3-d16 息を吸う際に働く筋はどれか。

1.腹直筋 (呼気筋)腹筋群は腹圧を高め、横隔膜を押し上げることにより呼気に働く

2.外肋間筋 ○ (吸気筋)胸式呼吸は外肋間筋、腹式呼吸は横隔膜

3.肋下筋 (呼気筋)内肋間筋の下層で、内肋間筋と同じく肋骨を引き下げる

4.下後鋸筋 (呼気筋)肋骨を下制して、呼気を助ける。

(あマ指-1993-44)
問題3-d17 安静吸息時に起こる現象はどれか。

1.外肋間筋の収縮 ○ (吸気)外肋間筋収縮 → 肋骨が挙上 → 胸郭拡大 → 吸気

2.腹筋の収縮 (呼気)腹筋収縮 → 腹圧上昇 → 横隔膜を押し上げる → 呼気

3.胸郭の縮小 (呼気)胸郭の縮小 → 呼気

4.横隔膜の弛緩 (呼気)横隔膜の弛緩 → 肺自身の弾性により容積縮小 → 呼気

(解答 1)

(あマ指-2001-45)
問題3-d18 呼吸の吸息時について誤っている記述はどれか。

1.横隔膜が収縮する。(吸気)横隔膜収縮 → 横隔膜が下がる → 胸腔容積拡大 → 吸気

2.肋骨が挙上する。(吸気)肋骨が挙上 → 胸郭拡大 → 吸気

3.胸腔内圧が高まる。× 低くなる(陰圧が高まる)

4.外肋間筋が収縮する。(吸気)外肋間筋収縮 → 肋骨が挙上 → 胸郭拡大 → 吸気

(解答 3)

(あマ指-2006-40)
問題3-d19 深い吸気に関与しないのはどれか。

1.横隔膜 (吸気:腹式呼吸)横隔膜収縮 → 横隔膜が下がる → 胸腔容積拡大 → 吸気

2.外肋間筋 (吸気:胸式呼吸)外肋間筋収縮 → 肋骨が挙上 → 胸郭拡大 → 吸気

3.胸鎖乳突筋 (吸気:補助吸息筋)胸骨を挙上 → 肋骨が挙上 → 胸郭拡大 → 吸気

4.椎前筋 ○ (呼吸に関連無し)脊柱ないし頭部を前屈、側屈、回旋する。

(解答 4)

(あマ指-2009-37)
問題3-d20 深い吸気に関与しないのはどれか。

1.腹斜筋の収縮 ○ (呼気筋)腹筋群は腹圧を高め、横隔膜を押し上げることにより呼気に働く

2.胸鎖乳突筋の収縮 (吸気:補助吸息筋)胸骨を挙上 → 肋骨が挙上 → 胸郭拡大 → 吸気

3.外肋間筋の収縮 (吸気:胸式呼吸)外肋間筋収縮 → 肋骨が挙上 → 胸郭拡大 → 吸気

4.横隔膜の収縮 ○(吸気:腹式呼吸)横隔膜収縮 → 横隔膜が下がる → 胸腔容積拡大 → 吸気/span>

(あマ指-1998-41)
問題3-d21 安静呼気時に起こる現象はどれか。

1.横隔膜は挙上する。 ○ (呼気)横隔膜が弛緩 → 肺自身の弾性で容積縮小 → 横隔膜挙上 → 呼気

2.肋骨は挙上する。 (吸気)肋骨が挙上 → 胸郭拡大 → 吸気

3.外肋間筋は収縮する。 (吸気)外肋間筋収縮 → 肋骨が挙上 → 胸郭拡大 → 吸気

4.腹壁の筋は弛緩する。 腹筋群は呼気筋。腹筋群の弛緩は呼気には作用しない

(解答 1)

(あマ指-2003-45)
問題3-d22  努力性呼吸の呼息時に起こらないのはどれか。

1.横隔膜の収縮 ○ (吸気)横隔膜収縮 → 横隔膜が下がる → 胸腔容積拡大 → 吸気

2.内肋間筋の収縮 (呼気)内肋間筋収縮 → 肋骨を引き下げる → 胸腔容積縮小 → 呼気

3.外肋間筋の弛緩 (呼気)外肋間筋弛緩 → 肺自身の弾性で容積縮小 → 呼気

4.腹直筋の収縮 (呼気)腹筋群は腹圧を高め、横隔膜を押し上げることにより呼気に働く

(解答 1)

【無料】解剖生理メルマガやってます

  • 厳選した国試過去問を毎日お昼におとどけ
  • 答えだけでなく、画像付きで解説!問題を解く考え方も
  • 勉強法のアドバイスやおすすめの参考書の紹介
  • オンライン講座のお知らせ

解剖生理メールマガジン
登録フォーム

以下にお名前とアドレスを入れていただきますと、登録できます。登録解除もいつでもできるので、お気軽にお試しください。

    取得中もしくはお持ちの資格

    We respect your privacy. Unsubscribe at anytime.

    note 解剖学マガジン

    ポイントだけを暗記するのではなく、教科書を理解するための副教材の決定版。理解をすることで記憶は強固になり、忘れなくなります。 そして解剖学の理解は臨床力への豊かな土壌となります。解剖を得意科目にして将来に役立てたい。そんな方におすすめです。

    かずひろ先生の解剖学マガジンのポイント

    1 とにかく図が豊富
    2 解説、一問一答、国試過去問で効率良く学べる
    3 ポイントは表形式でまとめられ、覚えるポイントが明確
    4 オンライン講座と連動。アーカイブ動画で何度でも学習できる

    解剖学マガジン|note

     

    つむぐ指圧治療室・相模大野|スタッフは私と妻の二人

    かずひろ先生は、神奈川県相模原市で「つむぐ指圧治療室」を開業しております。 現在、スタッフは私と妻の二人で行なっています。二人とも厚生労働大臣認定の国家資格をもったあん摩マッサージ指圧師です。個人店だからこそできる、きめ細かなアドバイス。誠心誠意の指圧治療でみなさまのこころと身体の健康に貢献していきます。

    オンラインでは解剖学講師。そしてオフラインでは指圧師。 解剖学と同じくらい、指圧のひと押しにこだわっています。体重を載せるのではなく、下半身からの抗重力筋の連動動作により、足部・膝関節・股関節・背部〜肘関節にかけてのほんの少しの伸展を積み重ね反作用にて押圧いたします(反作用圧法)。この圧法の利点は、ごく軽い圧から強い圧まで正確なコントロールを保って押圧できること、そして上下に貫通するベクトルの中で押圧を行なうので、正確な垂直圧となることです。 (昨年までは反作用圧法セミナーを毎月開催していたのですが、コロナの影響で技術セミナーは自粛しております。2人集めてもらえればオンデマンドで技術セミナーを開催できますので、ご相談ください)

    つむぐ指圧治療室HPへ

    指圧サブスクリプション制度

    指圧が週1回 20%オフで受けることができます

    医院ではなかなか相談できない、もしくは時間がなくて聞けないようなちょっとした健康に対する疑問もぜひご相談ください。より良い人生を送るための信頼できる健康請負人として、ぜひご指名ください。

    指圧サブスクリプション

    google mapのレビューも4.8/5 と好評価を頂いております。 解剖学講師は情熱的に、そして指圧師では誠心誠意をモットーとしています。ご来店お待ち申し上げております。

    google map|つむぐ指圧治療室

    友だち追加つむぐ指圧治療室

    【なるほど解剖学】上皮組織と結合組織

    なるほど解剖学-上皮組織と結合組織

    上皮組織、結合組織は勉強しようとすると、免疫の話まででてきたりして、とっつきにくいところ。 そんな上皮と結合組織をバッチリ解説、問題演習でしっかり理解。 今回も解説プリント付き!

    新入生を含めて、全国の学生さんを応援できたらいいなと思ってがんばります。 たくさんの方々にご参加いただけたら嬉しいです。 クラスメイトもぜひ誘ってあげてください! そして、上皮と結合組織をみんなで得意にしてしまいましょう。

    • 日時 2021年5月9日(日) 9:00〜12:00
    • 方法 YouTubeライブ
    • プリント付き 解説19ページ、問題、問題解答 17ページずつ
    • アーカイブ動画付き 後から何度でも振り返り学習が可能
    お申し込みはpeatixにて

    【なるほど解剖学】上皮組織と結合組織 | Peatix

    815問の国試過去問で強くなる - アナトミーブートキャンプ アーカイブ版

    アナトミーブートキャンプアーカイブ版

    最近の記事

    • 関連記事
    • おすすめ記事
    • 特集記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    スポンサードリンク
    PAGE TOP