【解剖学 国試演習】3-1 呼吸器系-鼻腔・副鼻腔

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

【解剖学 国試演習】3-1 呼吸器系-鼻腔・副鼻腔 I got %%score%% of %%total%% right

あなたの結果を共有する


Google+



解説ムービー


(あマ指-1999-23)
問題3-a1 鼻腔に開口していないのはどれか。

1.上顎洞 中鼻道

2.耳管 ○ 耳管咽頭口 鼓室⇄耳管⇄咽頭

3.鼻涙管 下鼻道

4.前頭洞 中鼻道

(解答 2)

(あマ指-2000-24)
問題3-a2 鼻涙管が開口する鼻道はどれか。

1.上鼻道

2.中鼻道

3.下鼻道 

4.総鼻道

(解答 3)

蝶形骨洞 鼻腔の後上方(蝶篩陥凹)
篩骨洞 後篩骨洞 上鼻道
中篩骨洞 中鼻道(篩骨胞表面)
前篩骨洞 中鼻道(半月裂孔)
前頭洞 中鼻道(半月裂孔)
上顎洞 (最大) 中鼻道(半月裂孔)
鼻涙管 下鼻道

(あマ指-2005-25)
問題3-a3 中鼻道に開口しないのはどれか。

1.前頭洞

2.蝶形骨洞 ○ 鼻腔の後上方

3.上顎洞

4.前篩骨洞

(解答 2)

副鼻腔は中鼻道以外に開口するものをしっかり覚え、あとは中鼻道に開口で大丈夫です。
蝶形骨洞:鼻腔の後上方
後篩骨洞:上鼻道
それ以外の副鼻腔:中鼻道
(鼻涙管:下鼻道)

(鍼灸-1994-20)
問題3-a4 上気道への開口部について誤っている組合せはどれか。

1.上顎洞 ―― 中鼻道

2.前頭洞 ―― 上鼻道 × 中鼻道

3.鼻涙管 ―― 下鼻道

4.耳管 ――― 咽頭

(解答 2)

(鍼灸-1997-20)
問題3-a5 下鼻道に開口するのはどれか。

1.上顎洞 中鼻道

2.篩骨洞 前・中篩骨洞→中鼻道 後篩骨洞→上鼻道

3.鼻涙管

4.耳管 咽頭

(解答 3)

(鍼灸-1998-22)
問題3-a6 鼻腔について誤っている記述はどれか。

1.鼻甲介によって左右に分けられる。× 鼻中隔

2.副鼻腔は鼻道と交通する。

3.下鼻道に鼻涙管が開口する。

4.口蓋で口腔と境される。

(解答 1)

(鍼灸-2007-22)
問題3-a7 鼻腔について誤っている記述はどれか。

1.鼻中隔の両面は鼻粘膜に覆われる。

2.中鼻道は中鼻甲介の上方にある。× 下方

3.鼻腔の下壁は口蓋である。

4.後鼻孔は咽頭に開口する。

(解答 2)

(あマ指-1994-22)
問題3-a8 副鼻腔の形成に関与しない骨はどれか。

1.篩骨

2.側頭骨

3.蝶形骨

4.上顎骨

(解答 2)

【副鼻腔を構成する骨】
蝶形骨, 篩骨, 前頭骨, 上顎骨
これらの骨は内部に空洞を含むので「含気骨」と呼ばれる。

(あマ指-2001-19)
問題3-a9 副鼻腔を有しない骨はどれか。

1.前頭骨

2.下顎骨 

3.蝶形骨

4.篩骨

(解答 2)

(あマ指-2006-24)
問題3-a10 副鼻腔とその開口部で正しい組合せはどれか。

1.前頭洞 ――― 中鼻道

2.上顎洞 ――― 上鼻道 中鼻道

3.篩骨洞 ――― 下鼻道 前・中篩篩骨洞 → 中鼻道 後篩骨洞 → 上鼻道

4.蝶形骨洞 ―― 中鼻道 鼻腔の後上方

(解答 1)

(鍼灸-1993-22)
問題3-a11 上顎洞が開口する部位はどれか。

1.総鼻道 開口するもの無し

2.上鼻道 後篩骨洞

3.中鼻道 ○ 前頭洞, 上顎洞, 前・中篩骨洞

4.下鼻道 鼻涙管

(解答 3)

(柔整-2003-14)
問題3-a12 最も大きい副鼻腔はどれか。

1.前頭洞

2.上顎洞 

3.篩骨洞

4.蝶形骨洞

(解答 2)

zoom解剖学オンライン講座

将来のために今をがんばる。徹底的に解剖学を勉強する。

  • 自宅にいながら、zoomでオンライン講義を受ける。
  • 好きな時間にアーカイブ動画にて復習をする。
  • 隙間時間にスマホで知識の確認をする。
  • 教科書を理解するための副読本として作られたプリントを元に教科書の記述をひも解いていく。
それぞれの場所、それぞれの時間に合わせた質の高い学習コンテンツを提供いたします。

zoom解剖学オンライン講座」にご登録ください。 講座の視聴 & 一問一答・国試過去問の演習データ(PDF)は完全無料。 これだけで、十分に深い勉強ができます。詳細な説明プリントが必要な場合はnoteの月額制マガジン(月1,980円)にて提供しています。

zoom解剖学オンライン講義 お申し込み、詳細

Zoom 解剖学オンライン講座

noteマガジン

 

つむぐ指圧治療室・相模大野|スタッフは私と妻の二人

かずひろ先生は、神奈川県相模原市で「つむぐ指圧治療室」を開業しております。 現在、スタッフは私と妻の二人で行なっています。二人とも厚生労働大臣認定の国家資格をもったあん摩マッサージ指圧師です。個人店だからこそできる、きめ細かなアドバイス。誠心誠意の指圧治療でみなさまのこころと身体の健康に貢献していきます。

オンラインでは解剖学講師。そしてオフラインでは指圧師。 解剖学と同じくらい、指圧のひと押しにこだわっています。体重を載せるのではなく、下半身からの抗重力筋の連動動作により、足部・膝関節・股関節・背部〜肘関節にかけてのほんの少しの伸展を積み重ね反作用にて押圧いたします(反作用圧法)。この圧法の利点は、ごく軽い圧から強い圧まで正確なコントロールを保って押圧できること、そして上下に貫通するベクトルの中で押圧を行なうので、正確な垂直圧となることです。 (昨年までは反作用圧法セミナーを毎月開催していたのですが、コロナの影響で技術セミナーは自粛しております。2人集めてもらえればオンデマンドで技術セミナーを開催できますので、ご相談ください)

つむぐ指圧治療室HPへ

指圧サブスクリプション制度

指圧が週1回 20%オフで受けることができます

医院ではなかなか相談できない、もしくは時間がなくて聞けないようなちょっとした健康に対する疑問もぜひご相談ください。より良い人生を送るための信頼できる健康請負人として、ぜひご指名ください。

指圧サブスクリプション

google mapのレビューも4.8/5 と好評価を頂いております。 解剖学講師は情熱的に、そして指圧師では誠心誠意をモットーとしています。ご来店お待ち申し上げております。

google map|つむぐ指圧治療室

友だち追加つむぐ指圧治療室

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP