4種類の舌乳頭(糸状乳頭・茸状乳頭・有郭乳頭・葉状乳頭) 【国試問題付き】

用語解説

舌の外観と舌乳頭の種類

舌は分界溝を境にして前2/3の舌体、後ろ1/3の舌根に分けられる。

舌乳頭

舌背粘膜には4種類の舌乳頭が存在する。

structure-of-the-tongue-and-lingual-papillae.jpg

  • 糸状乳頭
    舌苔の背面全域に存在。表層の上皮は角化し白く見える。舌をザラザラにして、食物をなめとりやすくし、また舌の感覚を鋭敏にする働きがある。糸状乳頭には味蕾が存在しない。
  • 茸状乳頭
    糸状乳頭の間に散在。生体では赤い粒として見える。味蕾が存在。
  • 有郭乳頭
    分界溝の前に8~12個ほど並ぶ大きな乳頭。側面に味蕾が存在。
  • 葉状乳頭
    舌体の側面に4~5本みられる粘膜ヒダ。 側面に味蕾が存在。

糸状乳頭

filiform-papillae-and-fungiform-papillae.jpg

舌背部の全域に分布している。
舌表面にビロード状の外観を与える。先端にある上皮の角化により舌全体が白っぽく見える。舌をざらざらにして食物を舐めとりやすくし、また舌の感覚を鋭敏にする働きがある。

茸状乳頭

舌背部で糸状乳頭の間に散在している。大きく、丸味を帯びる。上皮が角化しないので桃赤色を呈する。表面に味蕾が存在。

有郭乳頭

vallate-papillae-are-situated-in-front-of-the-sulcus-terminalis.jpg

舌根部に近く分界溝の前に1列に並ぶ8〜12個の大きな乳頭。個々の乳頭は深い溝で固まれる。この溝の側壁に多数の味蕾がある。

舌根部は全体として舌扁桃となる

分界溝より後方を舌根部といい、舌小胞という多数の膨らみからなる。内部にはリンパ小節を多数含み、舌根部全体が舌扁桃として働く。

葉状乳頭

foliate-papillae.jpg

舌体の後部側面にある、垂直に走る数条の粘膜ヒダを葉状乳頭といいます。葉状乳頭もヒダの側面に味蕾をもちます。

【関連問題】

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

舌乳頭 関連問題 I got %%score%% of %%total%% right

あなたの結果を共有する


Google+


スポンサードリンク

問題一覧

スポンサードリンク