食道の3つの狭窄部位 (食道起始部・気管分岐部・横隔膜貫通部)

【なるほど解剖学】上皮組織と結合組織

なるほど解剖学-上皮組織と結合組織

上皮組織、結合組織は勉強しようとすると、免疫の話まででてきたりして、とっつきにくいところ。 そんな上皮と結合組織をバッチリ解説、問題演習でしっかり理解。 今回も解説プリント付き!

新入生を含めて、全国の学生さんを応援できたらいいなと思ってがんばります。 たくさんの方々にご参加いただけたら嬉しいです。 クラスメイトもぜひ誘ってあげてください! そして、上皮と結合組織をみんなで得意にしてしまいましょう。

  • 日時 2021年5月9日(日) 9:00〜12:00
  • 方法 YouTubeライブ
  • プリント付き 解説19ページ、問題、問題解答 17ページずつ
  • アーカイブ動画付き 後から何度でも振り返り学習が可能
お申し込みはpeatixにて

【なるほど解剖学】上皮組織と結合組織 | Peatix

815問の国試過去問で強くなる - アナトミーブートキャンプ アーカイブ版

アナトミーブートキャンプアーカイブ版

食道は咽頭に続く部分で、第6頸椎の高さで始まり、脊柱の前、気管の後ろを通って胸腔に入る。さらに心臓の後ろを下降して、横隔膜を貫き(食道裂孔)、胃に達する。長さが約25cmの前後に圧平された管状器官である。
食物が通過するときは内腔は拡張する。食物は食道の筋層の蠕動運動により送られるので、横臥していても食べた物を飲み込むことができる。食道は生理的に狭窄を示す場所が3ヶ所ある。
1) 食道の入り口(輪状軟骨の後ろ):第6頸椎の高さ
2) 気管分岐部の高さ(大動脈弓との交叉):第4〜5胸椎の高さ
3) 横隔膜を貫くところ(食道裂孔):第4〜5胸椎の高さ
肝硬変症のときには食道下部の内壁に静脈瘤ができ、それが破れて大出血を招くことがある。(p.77 食道)

2017-a21-three-constrictions-of-the-esophagus.jpg


【関連問題】

[kanren postid=“2237”]


【なるほど解剖学】上皮組織と結合組織

なるほど解剖学-上皮組織と結合組織

上皮組織、結合組織は勉強しようとすると、免疫の話まででてきたりして、とっつきにくいところ。 そんな上皮と結合組織をバッチリ解説、問題演習でしっかり理解。 今回も解説プリント付き!

新入生を含めて、全国の学生さんを応援できたらいいなと思ってがんばります。 たくさんの方々にご参加いただけたら嬉しいです。 クラスメイトもぜひ誘ってあげてください! そして、上皮と結合組織をみんなで得意にしてしまいましょう。

  • 日時 2021年5月9日(日) 9:00〜12:00
  • 方法 YouTubeライブ
  • プリント付き 解説19ページ、問題、問題解答 17ページずつ
  • アーカイブ動画付き 後から何度でも振り返り学習が可能
お申し込みはpeatixにて

【なるほど解剖学】上皮組織と結合組織 | Peatix

815問の国試過去問で強くなる - アナトミーブートキャンプ アーカイブ版

アナトミーブートキャンプアーカイブ版

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP