大動脈とその枝(模式図)

note 解剖学マガジン

ポイントだけを暗記するのではなく、教科書を理解するための副教材の決定版。理解をすることで記憶は強固になり、忘れなくなります。 そして解剖学の理解は臨床力への豊かな土壌となります。解剖を得意科目にして将来に役立てたい。そんな方におすすめです。

かずひろ先生の解剖学マガジンのポイント
1 とにかく図が豊富
2 解説、一問一答、国試過去問で効率良く学べる
3 ポイントは表形式でまとめられ、覚えるポイントが明確
4 オンライン講座と連動。アーカイブ動画で何度でも学習できる

解剖学マガジン|note

 

動脈系について見ていきます。ここでは主に大動脈とその枝について学びます。

大動脈は
① 上行大動脈 → ② 大動脈弓 → ③ 下行大動脈
と続きます。

下行大動脈は胸大動脈と腹大動脈からなります。両者の境は横隔膜です。胸大動脈が横隔膜の大動脈裂孔を通過すると腹大動脈となります。

詳細な図については、このあと見ていきますが、まずは表と簡略化した模式図でおおまかに抑えると良いと思います。

上行大動脈は心臓からでたばかりの所で、左右の冠状動脈が出ます。左前右後ろが重要です。

大動脈弓は胸骨柄の後ろで左後方へと曲っている部分です。

① 腕頭動脈 ② 左総頚動脈 ③左鎖骨下動脈を分岐します。 腕頭動脈は右総頚動脈と右鎖骨下動脈へと分かれます。

大動脈弓は文字通り「弓なり」となっている部分。その後、下向きになって、「下行大動脈」となります。

下行大動脈は胸大動脈と腹大動脈からなります。この2つに関しては、「壁側枝」と「臓側枝」に分類して覚えてください。

有対性か無対性かも問われます。壁側枝は必ず有対性です。

まず、胸大動脈です。
壁側枝は肋間動脈と上横隔動脈があります。

胸大動脈の壁側枝としての肋間動脈は第3肋間動脈からで、最上肋間動脈(第1)と第2肋間動脈は鎖骨下動脈の枝、肋頚動脈から分かれます。

上横隔動脈は横隔膜上面を養う動脈です。

胸大動脈の臓側枝は気管支動脈と食道動脈があります。

気管支動脈は気管や気管支に分布し、そのまま肺にも分布します。肺の栄養血管として出題されますので、覚えてください。

気管支動脈は1本ではなく、複数でます(4本が最も多い)が対をなしているとは見なしません。胸大動脈の臓側枝は無対性です。

食道動脈は食道を栄養します。こちらも複数(4,5本)でますが、無対性です。

そして、胸大動脈が横隔膜の大動脈裂孔を通過すると腹大動脈となります。

腹大動脈は① 壁側枝(有対性) ②主に消化器系に至る臓側枝(無対性) ③泌尿生殖器に至る臓側枝(有対性) に区分されます。

壁側枝は下横隔動脈と4対の腰動脈があります。

下横隔動脈は文字通り、横隔膜の下面を養います。

腰動脈は肋間動脈に相当するもので、4対あり、腹大動脈の後壁から出て、腰の筋や側腹筋、前腹筋に分布します。

腹大動脈の消化器系に至る臓側枝は ① 腹腔動脈 ② 上腸間膜動脈 ③ 下腸間膜動脈の3つがあります。 腹大動脈より正面にでてくるので無対性です。

腹腔動脈はすぐに左胃動脈、脾動脈、総肝動脈の3つに分かれます。上腹部、ミゾオチのあたりの消化器系と脾臓に分布します。

上腸間膜動脈はおおまかに、小腸〜結腸前半部に分布します。

そして、下腸間膜動脈は結腸後半部から直腸上部に分布します。

腹腔動脈の泌尿生殖器に至る臓側枝は腎動脈と精巣・卵巣動脈があります。腎臓も精巣・卵巣も左右にあるので、有対性です。

腎動脈は、そのまま腎臓を栄誉する動脈ですが、ここで注意したいのは精巣・卵巣動脈です。

胎生期に精巣や卵巣の原基は腎臓のすぐ下に発生します。そして胎児の成長とともに下行します(精巣下降・卵巣下降)。

だから精巣動脈や卵巣動脈はナマズのヒゲのように、あんな高いところから出てるのです。

精巣動脈・卵巣動脈は「腹大動脈の直接の枝」であることがとても重要です。

zoom解剖学 × note解剖学マガジン
(国試対策を入り口として、臨床でも使える解剖学を)

【徹底的国試対策】解剖学マガジン リンク|note

【2-2(1)】 循環器系 – 心臓 解説|note
【2-2 (2)】循環器系 – 心臓 一問一答|note
【2-2 (3)】循環器系 – 心臓 国試過去問演習|note
【2-2(0)】循環器系 – 心臓 プリントダウンロードページ

かずひろ先生の【徹底的国試対策】解剖学 マガジン(月額1,980円)|note

解剖学マガジン|note

zoom解剖学

YouTube かずひろ先生

友だち追加(かずひろ先生の【徹底的国試対策】解剖学)

【徹底的国試対策】解剖学マガジン
5つのポイント

① 豊富な図とまとめの表
イメージがつきやすくポイントを暗記するだけでなく、理解できるように作ってあります。

② 徹底的な問題演習
基礎力をまんべんなく養う一問一答。国試対策に直結する国試過去問はあマ指、鍼灸を始め、柔道整復、看護、PT,OTなども収録。

③ スマホにて隙間時間学習
各単元の解説、一問一答、国試過去問解説を図表とともに記事形式で見ることができます。通勤通学などのスキマ時間をつかって効率的学習。

④ こだわりのプリントPDFデータ
勉強の王道は、やはり机に向かって教科書とともに紙ベースで書き込んだり、調べたりしながら学習していくことだと思います。資料プリントのPDFデータは出版用のソフトを用いて、段落がページを跨がないように工夫して作ってあります。タブレットでもいいですが、ぜひ印刷して教科書とともに勉強してください。

⑤ zoom解剖学と連動
全ての内容がzoom解剖学オンライン講座と連動しています。zoom解剖学のアーカイブ動画はYouTubeでご覧いただけます。プリントと教科書とともに、YouTubeでアーカイブ動画を見ながら勉強、ポイントになる箇所に線を引いたり、曖昧な用語を調べたりして学習することで、根本から理解が促されます。

YouTubeアーカイブ

day14 心臓 解説

day15 ① 心臓 一問一答

day15 ② 心臓 国試過去問(あん摩マッサージ指圧師, はり師きゅう師)

 

day16 心臓 国試過去問(柔道整復師, 看護師, 理学療法士・作業療法士)

つむぐ指圧治療室・相模大野|スタッフは私と妻の二人

かずひろ先生は、神奈川県相模原市で「つむぐ指圧治療室」を開業しております。 現在、スタッフは私と妻の二人で行なっています。二人とも厚生労働大臣認定の国家資格をもったあん摩マッサージ指圧師です。個人店だからこそできる、きめ細かなアドバイス。誠心誠意の指圧治療でみなさまのこころと身体の健康に貢献していきます。

オンラインでは解剖学講師。そしてオフラインでは指圧師。 解剖学と同じくらい、指圧のひと押しにこだわっています。体重を載せるのではなく、下半身からの抗重力筋の連動動作により、足部・膝関節・股関節・背部〜肘関節にかけてのほんの少しの伸展を積み重ね反作用にて押圧いたします(反作用圧法)。この圧法の利点は、ごく軽い圧から強い圧まで正確なコントロールを保って押圧できること、そして上下に貫通するベクトルの中で押圧を行なうので、正確な垂直圧となることです。 (昨年までは反作用圧法セミナーを毎月開催していたのですが、コロナの影響で技術セミナーは自粛しております。2人集めてもらえればオンデマンドで技術セミナーを開催できますので、ご相談ください)

つむぐ指圧治療室HPへ

指圧サブスクリプション制度

指圧が週1回 20%オフで受けることができます

医院ではなかなか相談できない、もしくは時間がなくて聞けないようなちょっとした健康に対する疑問もぜひご相談ください。より良い人生を送るための信頼できる健康請負人として、ぜひご指名ください。

指圧サブスクリプション

google mapのレビューも4.8/5 と好評価を頂いております。 解剖学講師は情熱的に、そして指圧師では誠心誠意をモットーとしています。ご来店お待ち申し上げております。

google map|つむぐ指圧治療室

友だち追加つむぐ指圧治療室



note 解剖学マガジン

ポイントだけを暗記するのではなく、教科書を理解するための副教材の決定版。理解をすることで記憶は強固になり、忘れなくなります。 そして解剖学の理解は臨床力への豊かな土壌となります。解剖を得意科目にして将来に役立てたい。そんな方におすすめです。

かずひろ先生の解剖学マガジンのポイント
1 とにかく図が豊富
2 解説、一問一答、国試過去問で効率良く学べる
3 ポイントは表形式でまとめられ、覚えるポイントが明確
4 オンライン講座と連動。アーカイブ動画で何度でも学習できる

解剖学マガジン|note

 

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP