筋層間神経叢 (アウエルバッハ) と粘膜下神経叢 (マイスネル) 【関連問題付き】

用語解説

消化管の壁は各部位によって差はあるが、基本的には、内側から粘膜、粘膜下層、筋層、漿膜の順に配列する。消化管の壁内には、2つの神経叢がある。

Auerbach-and-Meissner.jpg

筋層間神経叢 (アウエルバッハ神経叢)

消化管壁の筋層のうち、内側の輪走筋と外側の縦走筋の2つの筋層の間に分布する神経叢。平滑筋の運動を支配し、消化管の蠕動運動に関与する

粘膜下神経叢 (マイスネル神経叢)

消化管壁の粘膜下組織に分布する神経叢。消化腺の分泌に関与する

二つの神経をあわせて壁内神経叢という

・筋層間神経叢と粘膜下神経叢を合わせて壁内神経叢と呼ぶ。
・消化管壁内にある壁内神経叢を構成する神経系は腸神経系ともよばれ、外来性の交感神経や副交感神経による調節をうけるが、腸神経系自体が消化管を支配する完全な反射回路をもっているので、脳や脊髄から指令がなくとも、独立して基本的な諸機能を果たす。(自律神経を切断しても、消化管の基本的な運動は保たれる。)
・副交感神経(迷走神経)は節前線維が分布し、交感神経は主に節後線維が分布する。

壁内神経叢の異常

ヒルシュスプルング病

アウエルバッハ神経叢とマイスナー神経叢の先天的な欠如のため腸管拡張と腸閉塞を呈する。

食道アカラシア

食道の平滑筋に分布しているアウエルバッハ神経叢の変性ないし消失。食道下端1〜4cm辺りの狭窄(機能的開大欠如)とその口側食道の異常拡大をきたす食道運動障害疾患である。

※ ヒルシュスプルング病は、先天的に腸管の神経叢が欠如した疾患であるのに対し、食道アカラシアは後天的に神経叢に異常が生じたもの。

【関連問題】

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

壁内神経叢 - 関連問題 I got %%score%% of %%total%% right

あなたの結果を共有する


Google+


スポンサードリンク

問題一覧

スポンサードリンク