パイエル板のM細胞と腸管免疫

用語解説

M細胞はパイエル板の粘膜上皮に存在し、消化管に入ってきた異物を捉えられ、内側で待機するマクロファージや樹状細胞に抗原情報を伝えます。

パイエル板で増殖したリンパ球は形質細胞に分化し、抗原に対応する免疫グロブリンAを消化管内腔に分泌します。

※M細胞は腸管内から細菌、ウイルス、抗原性の高分子を取り込みますが、細胞質内にライソソームをもたないので、これらを分解することなく、細胞の下面から放出し、免疫系の細胞につたえています。

M-cells-existing-in-Peyer's-patches-and-intestinal-tract-immunity.jpg

典拠

Kelly A. Young (2013), Anatomy and Physiology, openstax
藤田恒夫 (2015), 標準組織学 各論 第5版, 医学書院

スポンサードリンク