心周期のポイント

815問の国試過去問で強くなる - アナトミーブートキャンプ アーカイブ版

アナトミーブートキャンプアーカイブ版

心臓の収縮・拡張のリズムを心周期といいます。

収縮期はさらに等容性収縮期と駆出期、拡張期は等容性弛緩期に分かれます。
試験では、弁が閉じているか、開いているかについてよく出題されます。

心周期の考え方についてコツをお話します。
まず、心周期の名称については、すべて「心室の状態」であることです。
心臓は心房と心室からなりますが、主役は心室であると考えて下さい。

そして「等容性」とあれば、全ての弁が閉鎖していることを示します。
どれか弁が開いていたら、心室内の血液量が変わってしまうので等容性ではなくなります。

名称は心室の状態。そして等容性は全ての弁が閉まっていることを前提に考えると、わかりやすくなります。

まずは等容性収縮期。全ての弁がしまった状態で心室が収縮します。心室容積は一定ですが、心室内圧は上昇してきます。

そして、心室内圧が動脈圧を超えると動脈弁が開き、心室から血液が駆出します。だから駆出期です。血液を絞りきると、次は心室が拡張してきます。心室内圧の低下にともない、動脈弁が閉鎖し、等容性弛緩期に入ります。

等容性弛緩期では、全ての弁が閉鎖した状態で心室が弛緩してきます。心室容積は一定ですが、心室内圧は下降します。

そして心室内圧が心房内圧より低下すると、房室弁が開き、心室に血液が流入し充満します。だから充満期です。

心室は再び収縮を始め、房室弁が閉鎖し、等容性収縮期へと入ります。

また、ドックン, ドックンという心音は弁の閉鎖によって生じます。

房室弁が閉鎖するときに生じる心音がI音で、収縮期の開始時に出現するやや低い周波数の音です。ドックンのドッです。

動脈弁が閉鎖するときの心音はII音で、拡張期の開始時に出現するやや高い周波数の音です。ドックンのクンです。

循環器系 – 心臓 解説|かずひろ先生の【徹底的国試対策】解剖学 note

zoom解剖学連動のnoteマガジンです。豊富な図と表で根本から理解を目指します。
【2-2(1)】 循環器系 – 心臓 解説|黒澤一弘|note
プリントダウンロードも好評です。
【2-2(0)】循環器系 – 心臓 プリントダウンロードページ|黒澤一弘|note

YouTubeアーカイブ 心臓解説(心周期 47:50〜再生)

zoom解剖学オンライン講座 × note

将来のために今をがんばる。徹底的に解剖学を勉強する。

zoom解剖学オンライン講座では、説明 → 一問一答 → 国試過去問と内容を進めていきます。一問一答や国試過去問は、事前に予習をしておくことで、学習効率がとても良くなります。無料でも十分に学習していただけるように、問題のPDFデータをダウンロードしていだだけます。

かずひろ先生の【徹底的国試対策】解剖学|黒澤一弘|note

以下のボタンでnoteのマガジンへといきます。一問一答・国試過去問の問題演習データ(PDF)は購読していないくてもダウンロード可能です。問題演習を行なうことで理解しているところと、わからないところが明確になります。zoom解剖学の中で全ての設問についての解説もおこなっていきます。

徹底的国試対策マガジン|note

かずひろ先生の【徹底的国試対策】解剖学|組織のプリント イメージビデオ

zoom解剖学オンライン講座はずっと無料!ぜひご登録ください。 学びに真っすぐな方を応援します。

まずは「zoom解剖学オンライン講座」にご登録ください。

講座の視聴 & 一問一答・国試過去問の演習データ(PDF)は完全無料。これだけで、十分に深い勉強ができます。詳細な説明プリントが必要な場合はnoteの月額制マガジン(月1,980円)にて提供しています。ぜひご検討ください。

zoom解剖学オンライン講義 お申し込み、詳細

Zoom 解剖学オンライン講座

noteマガジン

 

つむぐ指圧治療室・相模大野|自律神経を整える腹部指圧(按腹)

かずひろ先生は、神奈川県相模原市で「つむぐ指圧治療室」を開業しております。

ご存知でしょうか。指圧は肩こりや腰痛だけではなくて、実は自律神経の調節がとても得意なんです。その秘訣は「腹部指圧」です。江戸時代では「按腹」とも呼ばれていました。お腹には消化器系や泌尿器系といった臓器があるのはもちろんですが、内臓器の働きを調節する自律神経が張り巡らされています。

自律神経という場合には、一般的に「交感神経」と「副交感神経」が有名です。交感神経は心身を緊張状態として闘争や逃走に適した状態とする役割があり、副交感神経は心身をリラックスさせ消化吸収を促し治癒力をたかめてエネルギーを蓄えるように働きます。

これらは臓器の機能を調節する「遠心性」の自律神経ですが、これ以外に「求心性」の自律神経があります。これを内臓求心性神経といい、実は遠心性線維より遥かに多い数があることが知られています。内臓からの求心性神経は常に脳や脊髄に内臓の情報を伝えています。文字通りこころと身体は繋がっています。内臓の調子が悪ければ、イマイチやる気も起きないのは、無理をしないようにという内臓求心性神経からのメッセージかもしれません。

当室の腹部指圧(按腹)では、母指や四指、手掌をもちいてお腹全体をやわらかくし、組織液の循環をよくして内臓の細胞達ひとつひとつの活性化を心に想い、誠心誠意お腹を施術させていただきます。

「腹を割って話をする」「腹を決める」などという諺があるように、お腹は私たちの身体の根本ともなるところです。だからこそ、内臓器に対する深い理解とともに、誠心誠意お腹の臓器たちに敬意を払い腹部指圧をさせていただいております。

つむぐ指圧治療室HPへ

指圧サブスクリプション制度

指圧が週1回 20%オフで受けることができます

医院ではなかなか相談できない、もしくは時間がなくて聞けないようなちょっとした健康に対する疑問もぜひご相談ください。より良い人生を送るための信頼できる健康請負人として、ぜひご指名ください。

指圧サブスクリプション

google mapのレビューも4.8/5 と好評価を頂いております。 解剖学講師は情熱的に、そして指圧師では誠心誠意をモットーとしています。ご来店お待ち申し上げております。

google map|つむぐ指圧治療室

友だち追加つむぐ指圧治療室

815問の国試過去問で強くなる - アナトミーブートキャンプ アーカイブ版

アナトミーブートキャンプアーカイブ版

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP