【一問一答】8.4.1.9 神経系 – 末梢神経系 脳神経 IX 舌咽神経

問題演習

スポンサードリンク

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

【一問一答】8.4.1.9 神経系 - 末梢神経系 脳神経 IX 舌咽神経 I got %%score%% of %%total%% right
スポンサードリンク

あなたの結果を共有する


Google+


スポンサードリンク

問題一覧

【一問一答】8.4.1.9 神経系 – 末梢神経系 脳神経 IX 舌咽神経

【舌咽神経】

舌咽神経は (   性) の脳神経である

運動と副交感の混合性
感覚と運動の混合性
感覚と運動と副交感の混合性

(解答) 感覚と運動と副交感の混合性
舌咽神経は感覚運動副交感の混合性の脳神経です。

舌咽神経は (   ) から出る

中脳

延髄

(解答) 延髄
舌咽神経延髄からでます。延髄からでる脳神経はIX〜XIIです。

舌咽神経は (   ) より頭蓋底を出る

内耳孔
頚静脈孔
棘孔

(解答) 頚静脈孔
舌咽神経は頚静脈孔より頭蓋底を出ます。


頚静脈孔IX, X, XIが通過します。頭蓋底の孔と通過する脳神経は番号でくくって覚えるのが効率良いです。

舌咽神経の感覚性線維は (舌     ) を伝える

舌前2/3の味覚
舌前2/3の味覚以外の感覚
舌後1/3の味覚と味覚以外の感覚

(解答) 舌後1/3の味覚と味覚以外の感覚
舌咽神経の感覚性線維は舌後1/3の味覚味覚以外の感覚を伝えます。

舌後1/3の味覚と味覚以外の感覚を伝える舌咽神経の感覚性線維に付属する神経節は (   神経節) である

耳神経節
下神経節
顎下神経節

(解答) 下神経節
舌後1/3の味覚と味覚以外の覚を伝える舌咽神経の感覚性線維に付属する神経節は下神経節です。


上神経節と下神経節が隣接してあり、どちらも舌咽神経と迷走神経の感覚性線維に付属する神経節ですが、上神経節は一般体性求心性の情報を三叉神経脊髄路核に伝える神経節であるのに対し、下神経節は一般臓性求心性の情報を孤束核に伝える神経節であると言われています。

これは少し細かい話しなので、「上・下神経節」は「舌咽・迷走神経の感覚」に付属する神経節であると覚えておけば大丈夫だと思います。

圧受容器や化学受容器のうち、 (A.   と   ) からの情報は舌咽神経により伝えられ、 (B.   と   ) からの情報は迷走神経により伝えられる

A. 頚動脈洞と頚動脈小体 B. 大動脈弓と大動脈小体
A. 大動脈弓と大動脈小体 B. 頚動脈洞と頚動脈小体

(解答) A. 頚動脈洞と頚動脈小体 B. 大動脈弓と大動脈小体
圧受容器や化学受容器のうち、頚動脈洞頚動脈小体からの情報は舌咽神経により伝えられ、大動脈弓大動脈小体からの情報は迷走神経により伝えらます。

舌咽神経の運動性線維は (   核) より始まり、茎突咽頭筋や咽頭上部の筋を支配する

孤束核
疑核

(解答) 疑核
舌咽神経の運動性線維は疑核より始まり、茎突咽頭筋咽頭上部の筋を支配します。


疑核は舌咽神経・迷走神経共通の運動性線維の起始核となっています。

舌咽神経の副交感線維は (   核) から始まる

上唾液核
下唾液核

(解答) 下唾液核
舌咽神経副交感線維は下唾液核から始まります。


上唾液核:VII 顔面神経 (橋)
下唾液核:IX 舌咽神経 (延髄)

【難】鼓室神経は (   ) の枝で、鼓室内の感覚と耳下腺の副交感を合わせた神経で、鼓室内に分布した後は、小錐体神経となって耳下腺に向かう

舌咽神経
迷走神経

(解答) 舌咽神経
鼓室神経は舌咽神経の枝で、鼓室内の感覚と耳下腺への副交感を合わせた神経で、鼓室内に分布した後は、小錐体神経となって耳下腺に向かいます。

舌咽神経の副交感線維は (A.   神経節) で節後線維に乗り換え、 (B.   腺) に分布する

A. 顎下神経節 B. 顎下腺・舌下腺
A. 耳神経節  B. 耳下腺

(解答) A. 耳神経節 B. 耳下腺
舌咽神経の副交感線維は耳神経節で節後線維に乗り換え、耳下腺に分布します。

次の問題

教科書を理解するための解説プリント(PDF)

noteの定期購読マガジン かずひろ先生の【徹底的国試対策】解剖学 マガジン(月額1,980円) にて提供しているプリントPDFデータは、教科書を理解するための副読本としてお使いください。

もちろん、zoomオンライン講座ではスライドを用いて、プリントの内容に沿って講座を展開いたします。ですが、私のもっとも基本的なスタンスは「教科書を一番大切にして、教科書に常に戻る」です。

用語の理解を大切にする

講座の中でも特に強調してお伝えしていることですが、日々の学習の中で,出てきた用語の理解にこだわってほしいと思います。特に国試過去問ででてきた用語や単語については、最重要として必ず意味が曖昧なままにしておかないことが大切です。

私が提供している解剖学プリントは、用語の理解とイメージ化について、重点をおいて作成しています。ひとつひとつの単語の意味がわかり、イメージができれば、そこは理解できているということです。

教科書を読んでみる

まだ習っていない。もしくはあまり理解していない。そのような範囲について、教科書を読んでみてもあまり頭に入ってこないと思います。意味があいまいだったり、わからない単語が複数混じっていると、もはやその範囲の文章はあまりわからなくなってきます。

教科書は小説とちがって、読み手が知らないことを教えるためのものなので、当然その文章には、知らない単語、意味が曖昧な単語が多く入ってきます。だから、常に私は「単語・用語の理解」を大切にするようにお伝えしています。

プリントで勉強すると、図が豊富で、要点をまとめてあるために「わかったような気」になってきます。そこで再び教科書を読んでみます。プリントで単語や用語についてしっかり意味を理解できたり、イメージが湧くようになれば、教科書の該当ページに書いてある文章がスラスラと頭に入ってきます。

教科書は、自分が学習して「そこを理解しているか否か」を判断するための最高のツールとなります。 そして、教科書には、国家試験に必要な知識が過不足なく収められています。 だから、「教科書を大切に」してほしいのです。

かずひろ先生の【徹底的国試対策】解剖学 マガジン プリントPRビデオ

zoom解剖学オンライン講義 お申し込み、詳細

Zoom 解剖学オンライン講座

noteマガジン

 

つむぐ指圧治療室・相模大野|自律神経を整える腹部指圧(按腹)

かずひろ先生は、神奈川県相模原市で「つむぐ指圧治療室」を開業しております。

ご存知でしょうか。指圧は肩こりや腰痛だけではなくて、実は自律神経の調節がとても得意なんです。その秘訣は「腹部指圧」です。江戸時代では「按腹」とも呼ばれていました。お腹には消化器系や泌尿器系といった臓器があるのはもちろんですが、内臓器の働きを調節する自律神経が張り巡らされています。

自律神経という場合には、一般的に「交感神経」と「副交感神経」が有名です。交感神経は心身を緊張状態として闘争や逃走に適した状態とする役割があり、副交感神経は心身をリラックスさせ消化吸収を促し治癒力をたかめてエネルギーを蓄えるように働きます。

これらは臓器の機能を調節する「遠心性」の自律神経ですが、これ以外に「求心性」の自律神経があります。これを内臓求心性神経といい、実は遠心性線維より遥かに多い数があることが知られています。内臓からの求心性神経は常に脳や脊髄に内臓の情報を伝えています。文字通りこころと身体は繋がっています。内臓の調子が悪ければ、イマイチやる気も起きないのは、無理をしないようにという内臓求心性神経からのメッセージかもしれません。

当室の腹部指圧(按腹)では、母指や四指、手掌をもちいてお腹全体をやわらかくし、組織液の循環をよくして内臓の細胞達ひとつひとつの活性化を心に想い、誠心誠意お腹を施術させていただきます。

「腹を割って話をする」「腹を決める」などという諺があるように、お腹は私たちの身体の根本ともなるところです。だからこそ、内臓器に対する深い理解とともに、誠心誠意お腹の臓器たちに敬意を払い腹部指圧をさせていただいております。

つむぐ指圧治療室HPへ

パーソナル・ヘルスキーパー制度

¥18,000/月 毎週1回指圧治療が受けられます。5週ある月は5回受けられてさらにおトク。

医院ではなかなか相談できない、もしくは時間がなくて聞けないようなちょっとした健康に対する疑問もぜひご相談ください。より良い人生を送るための信頼できる健康請負人として、ぜひご指名ください。

パーソナル・ヘルスキーパー

google mapのレビューも4.8/5 と好評価を頂いております。 解剖学講師は情熱的に、そして指圧師では誠心誠意をモットーとしています。ご来店お待ち申し上げております。

google map|つむぐ指圧治療室

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP