【一問一答】8.4.1.11 神経系 – 末梢神経系 脳神経 XI 副神経

問題演習

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

【一問一答】8.4.1.11 神経系 - 末梢神経系 脳神経 XI 副神経 I got %%score%% of %%total%% right

あなたの結果を共有する


Google+


問題一覧

【一問一答】8.4.1.11 神経系 – 末梢神経系 脳神経 XI 副神経

【XI 副神経】

副神経は (   性) の脳神経である

純運動性
純感覚性
感覚と運動の混合性

(解答) 純運動性
副神経純運動性の脳神経です。

副神経は (   ) から出る

中脳

延髄

(解答) 延髄
副神経延髄から出るものとして扱います。


胸鎖乳突筋と僧帽筋を支配する運動ニューロンは副神経脊髄根より始まりますが、ここは脳神経の出所としてまずは、IX〜XIIは延髄から出入りすると覚えてください。

副神経は (   ) より頭蓋腔を出る

棘孔
内耳孔
頚静脈孔

(解答) 頚静脈孔
副神経頚静脈孔より頭蓋腔を出ます。頚静脈孔はIX,X,XIが通過します。

副神経は (   筋と   筋) を支配する

胸鎖乳突筋と僧帽筋
三角筋と小円筋

(解答) 胸鎖乳突筋と僧帽筋
副神経胸鎖乳突筋僧帽筋を支配します。

【難】胸鎖乳突筋と僧帽筋を支配する運動性線維は (副神経   根) に由来する

延髄根
脊髄根

(解答) 脊髄根
胸鎖乳突筋と僧帽筋を支配する運動性線維は副神経脊髄根に由来します。


副神経脊髄根は頚髄(C1〜C5)の前角より起こり、大後頭孔より頭蓋腔内に入ったのち、頚静脈孔より副神経(外枝) として出て、胸鎖乳突筋と僧帽筋に分布します。

【難】副神経の延髄根は頚静脈孔を出て (   神経) に合流し、喉頭筋を支配する

顔面神経
舌咽神経
迷走神経

(解答) 迷走神経
副神経の延髄根は頚静脈孔を出て迷走神経に合流し、喉頭筋を支配する。


副神経延髄根→副神経→副神経内枝→迷走神経→反回神経→喉頭筋
反回神経は迷走神経の枝ですが、その元をたどると副神経延髄根にいきつきます。

次の問題


zoom解剖学オンライン講座

将来のために今をがんばる。徹底的に解剖学を勉強する。

  • 自宅にいながら、zoomでオンライン講義を受ける。
  • 好きな時間にアーカイブ動画にて復習をする。
  • 隙間時間にスマホで知識の確認をする。
  • 教科書を理解するための副読本として作られたプリントを元に教科書の記述をひも解いていく。
それぞれの場所、それぞれの時間に合わせた質の高い学習コンテンツを提供いたします。

zoom解剖学オンライン講座」にご登録ください。 講座の視聴 & 一問一答・国試過去問の演習データ(PDF)は完全無料。 これだけで、十分に深い勉強ができます。詳細な説明プリントが必要な場合はnoteの月額制マガジン(月1,980円)にて提供しています。

zoom解剖学オンライン講義 お申し込み、詳細

Zoom 解剖学オンライン講座

noteマガジン

 

つむぐ指圧治療室・相模大野|安心できる環境で最高の癒やしを提供

かずひろ先生は、神奈川県相模原市で「つむぐ指圧治療室」を開業しております。 店内は固定壁で仕切らない、広い畳の空間です。狭い個室では不安というお客様に大変好評をです。例えば受験勉強で首や肩がとてもツライという娘さんがお母様といらっしゃったことがあります。とても娘さま、お母様ともに安心して指圧を受けていただけました。個室になっていないのが逆にともて安心だということでした。

つむぐ指圧治療室HPへ

指圧サブスクリプション制度

指圧が週1回 20%オフで受けることができます

医院ではなかなか相談できない、もしくは時間がなくて聞けないようなちょっとした健康に対する疑問もぜひご相談ください。より良い人生を送るための信頼できる健康請負人として、ぜひご指名ください。

指圧サブスクリプション

google mapのレビューも4.8/5 と好評価を頂いております。 解剖学講師は情熱的に、そして指圧師では誠心誠意をモットーとしています。ご来店お待ち申し上げております。

google map|つむぐ指圧治療室

友だち追加つむぐ指圧治療室

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP