【一問一答】5.2 泌尿器系 – 尿路


解剖夏期講習 全8回(8月第1週〜4週 火・木)
消化器と泌尿器、神経組織と筋組織、皮膚について徹底的な国試対策
1. 豊富な図による解説
2. 丁寧な問題解説、図による理解
3. 記憶を強固にする「チャンク化」による国試解説
4. 頻出の類似問題などを間引かない、徹底した問題演習

Peatixお申し込みページを見てみる

 

問題演習

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

【一問一答】5.2 泌尿器系 - 尿路 I got %%score%% of %%total%% right

あなたの結果を共有する


Google+


問題一覧

【一問一答】5.2 泌尿器系 – 尿路

【尿管】

尿道は腎臓から膀胱へ尿を運ぶ


×

(解答) ×
尿管は腎臓から膀胱へ尿を運びます。


尿管と尿道のひっかけに注意してください。わかっていても、国家試験の場などで緊張していると見間違えてしまうこともあります。こんなひっかけにひっかかっちゃったらもったいない!

尿管の粘膜は (  上皮) でおおわれる

多列上皮
移行上皮
単層円柱上皮

(解答) 移行上皮
尿管の粘膜は移行上皮でおおわれます

尿管は蠕動運動を行う


×

(解答) ○
尿管は1分間に4~5回の周期的な蠕動運動により尿をしごくように膀胱へ送ります。

尿管は (  ヶ所) の狭窄部位をもつ

2ヶ所
3ヶ所
4ヶ所

(解答) 3ヶ所
尿管は3ヶ所狭窄部位をもちます。

総腸骨動脈との交叉部は尿管の (第  狭窄部位) である

第1狭窄部位
第2狭窄部位
第3狭窄部位

(解答) 第2狭窄部位
総腸骨動脈との交叉部は尿管の第2狭窄部位です。

狭窄部位 場所
第1狭窄部位 腎孟から尿管への移行部
第2狭窄部位 総腸骨動静脈との交叉部
第3狭窄部位 膀胱壁を貫く部

【膀胱】

膀胱は (   ) の後方にある

直腸
恥骨結合

(解答) 恥骨結合
膀胱は恥骨結合のすぐ後方にあります。男性では膀胱-直腸、女性では膀胱-子宮-直腸と並んでいます。

左右の尿管口と内尿道口は (   ) をつくる

尿生殖三角
膀胱三角

(解答) 膀胱三角
左右の尿管口と内尿道口は膀胱三角をつくります。ここは膀胱壁の他の部分と異なり粘膜にヒダがなく膀胱が充満しても伸展しない部分です。

膀胱壁は (   上皮) でおおわれ、膀胱の伸展度に応じて形を変える

多列上皮
移行上皮
重層扁平上皮

(解答) 移行上皮
膀胱壁は移行上皮でおおわれ、膀胱の伸展度に応じて形を変えます。

膀胱の尿道への出口では筋層が輪状に並び (   ) をつくる

尿道括約筋
膀胱括約筋

(解答) 膀胱括約筋
膀胱の尿道への出口 (内尿道口) では筋層が輪状に並び膀胱括約筋をつくります。

膀胱括約筋は別名、 (   ) という

内尿道括約筋
外尿道括約筋

(解答) 内尿道括約筋
膀胱括約筋は別名、内尿道括約筋といいます。

・膀胱括約筋=内尿道括約筋
・尿道括約筋=外尿道括約筋

膀胱括約筋は (  筋) でできる

横紋筋
平滑筋

(解答) 平滑筋
膀胱括約筋平滑筋で構成されます。平滑筋なので自律神経により支配されます。

膀胱括約筋を収縮させる神経は (   神経) である

下腹神経
骨盤神経
陰部神経

(解答) 下腹神経
膀胱括約筋を収縮させる神経は下腹神経です。

膀胱への自律神経の作用は、交感神経で蓄尿副交感神経で排尿です。骨盤内臓器を支配する交感神経は下腹神経で、副交感神経は骨盤神経です。よって下腹神経は蓄尿に働くので膀胱括約筋を収縮させ、排尿筋を弛緩させます。また骨盤神経は排尿に働くので、排尿筋を収縮させます。

支配神経 受容体
下腹神経
(交感神経)
※ T12-L2
排尿筋弛緩 アドレナリンβ受容体
内尿道括約筋収縮 アドレナリンα受容体
骨盤神経
(副交感神経)
※ S2-S4
排尿筋収縮 アセチルコリン ムスカリン受容体
陰部神経
(体性運動神経)
※ S2-S4
外尿道括約筋収縮 アセチルコリン ニコチン受容体

【尿道】

男性の尿道の長さは (   ) である

3cm
6〜8cm
16〜18cm

(解答) 16〜18cm
男性の尿道は女性に比べて長く、16〜18cmある。

男性の尿道は (  部) に分かれる

2部
3部
4部

(解答) 3部
男性の尿道は3部に分かれます

男性の尿道で最初の部は (   部) である

前立腺部
隔膜部
海綿体部

(解答) 前立腺部
男性の尿道は膀胱の内尿道口から始まり、すぐに前立腺を貫き下行し(前立腺部)、続いて骨盤の底をつくる尿生殖隔膜を貫き(隔膜部)、最後に陰茎の内部を走り(海綿体部)、陰茎の先端で外尿道口に開きます。

男性の尿道で最も長い部は (   部) である

前立腺部
隔膜部
海綿体部

(解答) 海綿体部
男性の尿道で最も長い部は海綿体部です。

女性の尿道は真っすぐ走り、長さは (   ) である

3cm
6〜8cm
16〜18cm

(解答) 3cm
女性の尿道は真っすぐ走り、長さは3cmです

尿道が尿生殖隔膜を貫くところには、 (   括約筋) が発達し、排尿の調節を行う

膀胱括約筋
尿道括約筋

(解答) 尿道括約筋
尿道が尿生殖隔膜を貫くところには、 尿道括約筋が発達し、排尿の調節を行います

尿道括約筋は別名、(   ) という

内尿道括約筋
外尿道括約筋

(解答) 外尿道括約筋
尿道括約筋は別名、外尿道括約筋といいます。

尿道括約筋は (   筋) でできる

横紋筋
平滑筋

(解答) 横紋筋
尿道括約筋は横紋筋でできます。

尿道括約筋は (   神経) により支配される

下腹神経
骨盤神経
陰部神経

(解答) 陰部神経
尿道括約筋陰部神経により支配されます。(横紋筋なので随意筋)

名称 筋の種類 支配神経
膀胱括約筋
(内尿道括約筋)
平滑筋 下腹神経により収縮
(交感神経)
尿道括約筋
(外尿道括約筋)
横紋筋 陰部神経により収縮
(体性運動神経)

次の問題


【無料】解剖生理メルマガやってます

  • 厳選した国試過去問を毎日お昼におとどけ
  • 答えだけでなく、画像付きで解説!問題を解く考え方も
  • 勉強法のアドバイスやおすすめの参考書の紹介
  • オンライン講座のお知らせ

解剖生理メールマガジン
登録フォーム

以下にお名前とアドレスを入れていただきますと、登録できます。登録解除もいつでもできるので、お気軽にお試しください。

    取得中もしくはお持ちの資格

    We respect your privacy. Unsubscribe at anytime.

    note 解剖学マガジン

    ポイントだけを暗記するのではなく、教科書を理解するための副教材の決定版。理解をすることで記憶は強固になり、忘れなくなります。 そして解剖学の理解は臨床力への豊かな土壌となります。解剖を得意科目にして将来に役立てたい。そんな方におすすめです。

    かずひろ先生の解剖学マガジンのポイント

    1 とにかく図が豊富
    2 解説、一問一答、国試過去問で効率良く学べる
    3 ポイントは表形式でまとめられ、覚えるポイントが明確
    4 オンライン講座と連動。アーカイブ動画で何度でも学習できる

    解剖学マガジン|note

     

    つむぐ指圧治療室・相模大野|スタッフは私と妻の二人

    かずひろ先生は、神奈川県相模原市で「つむぐ指圧治療室」を開業しております。 現在、スタッフは私と妻の二人で行なっています。二人とも厚生労働大臣認定の国家資格をもったあん摩マッサージ指圧師です。個人店だからこそできる、きめ細かなアドバイス。誠心誠意の指圧治療でみなさまのこころと身体の健康に貢献していきます。

    オンラインでは解剖学講師。そしてオフラインでは指圧師。 解剖学と同じくらい、指圧のひと押しにこだわっています。体重を載せるのではなく、下半身からの抗重力筋の連動動作により、足部・膝関節・股関節・背部〜肘関節にかけてのほんの少しの伸展を積み重ね反作用にて押圧いたします(反作用圧法)。この圧法の利点は、ごく軽い圧から強い圧まで正確なコントロールを保って押圧できること、そして上下に貫通するベクトルの中で押圧を行なうので、正確な垂直圧となることです。 (昨年までは反作用圧法セミナーを毎月開催していたのですが、コロナの影響で技術セミナーは自粛しております。2人集めてもらえればオンデマンドで技術セミナーを開催できますので、ご相談ください)

    つむぐ指圧治療室HPへ

    指圧サブスクリプション制度

    指圧が週1回 20%オフで受けることができます

    医院ではなかなか相談できない、もしくは時間がなくて聞けないようなちょっとした健康に対する疑問もぜひご相談ください。より良い人生を送るための信頼できる健康請負人として、ぜひご指名ください。

    指圧サブスクリプション

    google mapのレビューも4.8/5 と好評価を頂いております。 解剖学講師は情熱的に、そして指圧師では誠心誠意をモットーとしています。ご来店お待ち申し上げております。

    google map|つむぐ指圧治療室

    友だち追加つむぐ指圧治療室

    解剖夏期講習 全8回(8月第1週〜4週 火・木)
    消化器と泌尿器、神経組織と筋組織、皮膚について徹底的な国試対策
    1. 豊富な図による解説
    2. 丁寧な問題解説、図による理解
    3. 記憶を強固にする「チャンク化」による国試解説
    4. 頻出の類似問題などを間引かない、徹底した問題演習

    Peatixお申し込みページを見てみる

     

    最近の記事

    • 関連記事
    • おすすめ記事
    • 特集記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    スポンサードリンク
    PAGE TOP