【一問一答】4.1.2 消化器系 – 口腔 (歯・唾液腺)

問題演習

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

【一問一答】4.1.2 消化器系 - 口腔 (歯・唾液腺) I got %%score%% of %%total%% right

あなたの結果を共有する


Google+


問題一覧

【歯】

歯の歯槽に埋まる部分を (A.   ) 、外部に露出している部分を (B.   ) という。

A. 歯肉 B. 歯頸
A. 歯根 B. 歯冠

(解答) A. 歯根 B. 歯冠
歯の歯槽に埋まる部分を歯根、外部に露出している部分を歯冠といいます。

上顎骨の (A.   ) と下顎骨の (B.   ) は歯の植立に係わり、歯槽骨と呼ばれる

A. 歯槽突起 B. 歯槽部
A. 歯槽部  B. 歯槽突起

(解答) A. 歯槽突起 B. 歯槽部
上顎骨歯槽突起下顎骨歯槽部は歯の植立に係わり、歯槽骨と呼ばれます。

歯の主体は (  質) である

エナメル質
ゾウゲ質
セメント質

(解答) ゾウゲ質
歯の主体はゾウゲ質です。

歯冠部ではゾウゲ質を (   質) が被う

エナメル質
セメント質

(解答) エナメル質
歯冠部ではゾウゲ質をエナメル質が被います

歯の組織で最も硬いのは (   ) である

ゾウゲ質
セメント質
エナメル質

(解答) エナメル質
エナメル質はあらゆる組織の中で最も硬く、そのほとんどがカルシウムを含む無機質からなります。

エナメル質はモース硬度計で6〜7の硬度を示します。歯の本体であるゾウゲ質はエナメル質よりやや柔らかくモース硬度計で5〜6の硬度を示します。赤井三千男(1990).『歯の解剖学入門』医歯薬出版, p10–11 http://amzn.to/2uSvr4l

歯根部ではゾウゲ質を (   質) が被う

エナメル質
セメント質

(解答) セメント質
歯根部ではゾウゲ質をセメント質が被い、さらに歯根膜を介して歯を歯槽骨に結合しています。

歯の中心部の (   ) には、血管や神経が入る

歯髄腔
歯周ポケット

(解答)
ゾウゲ質の内側、すなわち歯の芯にあたる部分には歯髄腔という腔があり、歯髄という柔らかい結合組織で満たされ、歯根の先端に開く歯根管から血管や神経が入っています。

永久歯は上下左右それぞれで、切歯・犬歯・小臼歯・大臼歯が(A.  ・  ・  ・  本)ずつある。よって、合計数は (B.   本) である

A. 2・1・2・3 B. 32本
A. 1・2・1・3 B. 28本

(解答) A. 2・1・2・3 B. 32本
永久歯は上下左右それぞれで、切歯・犬歯・小臼歯・大臼歯2・1・2・3本ずつある。よって、合計数は32本である。

乳歯は永久歯の (   ) に相当する歯がない

切歯
犬歯
小臼歯
大臼歯

(解答) 大臼歯
乳歯は永久歯の大臼歯に相当する歯がありません

乳歯には大臼歯に相当する歯がないので、上下左右それぞれで、切歯・犬歯・乳臼歯が(A.  ・  ・  本)ずつある。よって、合計数は (B.   本) である

A. 2・1・2 B. 20本
A. 1・2・3 B. 24本

(解答) A. 2・1・2 B. 20本
乳歯には大臼歯に相当する歯がないので、上下左右それぞれで、切歯・犬歯・乳臼歯2・1・2本 ずつある。よって、合計数は 20本 である

乳歯が生えそろう時期は (   ) である

6ヶ月〜1歳
2歳〜3歳
3〜4歳

(解答) 2歳〜3歳
乳歯は生後7ヶ月頃から次々と生えて、生後2~3年で20本が生えそろう。

【乳歯の萌出の順序と時期】【解剖学講義 p.573】

  • 第1切歯:6〜8ヶ月
  • 第2切歯:8〜10ヶ月
  • 第1臼歯:12〜16ヶ月
  • 犬歯:16〜20ヶ月
  • 第2臼歯:20〜24ヶ月

典拠:伊藤 隆 (2012).『解剖学講義 改定3版』南山堂, P.573

【唾液腺】

耳下腺の開口部位は (   ) である

口腔前庭
舌下小丘
耳管咽頭口

(解答) 口腔前庭
耳下腺は上顎の第2大臼歯に面する頬粘膜を貫き口腔前庭に開きます。

顎下腺の開口部位は (   ) である

口腔前庭
舌下小丘
顎下三角

(解答) 舌下小丘
顎下腺と舌下腺は舌の下面にある乳頭状のふくらみ(舌下小丘)に開きます。

舌下腺の開口部位は (   ) である

口腔前庭
舌下小丘
梨状陥凹

(解答) 舌下小丘
顎下腺と舌下腺は開口部位、支配神経、腺の性状ともに共通しているので、別個に覚える必要はありまあせん。顎下腺と舌下腺舌下小丘に開口します。舌下小丘は口腔底にあります。

耳下腺の分泌を促す副交感神経は (   神経) である

顔面神経
舌咽神経

(解答) 舌咽神経
耳下腺の分泌を促す副交感神経は舌咽神経です

顎下腺の分泌を促す副交感神経は (   神経) である

顔面神経
舌咽神経

(解答) 顔面神経
顎下腺と舌下腺の分泌を促す副交感神経は顔面神経です

舌下腺の分泌を促す副交感神経は (   神経) である

顔面神経
舌咽神経

(解答) 顔面神経
顎下腺と舌下腺の分泌を促す副交感神経は顔面神経です。
大唾液腺は3つありますが、顎下腺と舌下腺は開口部位、支配神経、腺の性状ともに共通です。(顎下腺・舌下腺 vs 耳下腺)

耳下腺の性状は (  腺) である

奨液腺
混合腺
粘液腺

(解答) 奨液腺
耳下腺はサラサラした唾液を分泌する漿液腺です。

顎下腺・舌下腺の性状は (  腺) である

奨液腺
混合腺
粘液腺

(解答) 混合腺
顎下腺・舌下腺はともに混合腺で漿液分泌細胞と粘液分泌細胞が混在します。

大唾液腺に対する交感神経の作用は (唾液分泌の   ) である

唾液分泌の促進
唾液分泌の抑制

(解答) 唾液分泌の促進
通常、交感神経と副交感神経は作用が逆である場合がほとんどで、これを拮抗支配といいます。しかし大唾液腺では交感神経と副交感神経はともに分泌促進であることに注意が必要です。自律神経の例外として生理学で問われることがあります。


【自律神経の例外】
・皮膚の汗腺、血管、立毛筋:交感神経単独支配 (二重支配でない)
・大唾液腺:交感神経、副交感神経ともに分泌促進 (二重支配だが拮抗支配でない)
・副腎髄質:交感神経節前線維による調節を受ける (通常、自律神経は節後線維が効果器に分布する)
・瞳孔括約筋:副交感神経 (III 動眼神経) 単独支配
・瞳孔散大筋:交感神経 単独支配
※ 虹彩は瞳孔括約筋と瞳孔散大筋を含むので二重支配。

耳下腺は茎乳突孔より出る (   神経) に貫かれる

顔面神経
舌咽神経

(解答) 顔面神経
耳下腺 → 舌咽神経!と丸暗記している場合は、間違えてしまうかもしれません。

表情筋の運動を司る顔面神経の運動線維は茎乳突孔から出て、耳下腺を貫きながら枝分かれして表情筋に分布します。この線維は耳下腺を貫いて走行しているだけで、耳下腺の分泌にはなんら作用を及ぼしません。耳下腺の分泌を促すのは舌咽神経です。

次の問題


zoom解剖学 × note解剖学マガジン (国試対策を入り口として、臨床でも使える解剖学を)

【徹底的国試対策】解剖学マガジン リンク|note

解剖学マガジン|note

zoom解剖学

YouTube かずひろ先生

友だち追加(かずひろ先生の【徹底的国試対策】解剖学)

【徹底的国試対策】解剖学マガジン 5つのポイント

① 豊富な図とまとめの表
イメージがつきやすくポイントを暗記するだけでなく、理解できるように作ってあります。

② 徹底的な問題演習
基礎力をまんべんなく養う一問一答。国試対策に直結する国試過去問はあマ指、鍼灸を始め、柔道整復、看護、PT,OTなども収録。

③ スマホにて隙間時間学習
各単元の解説、一問一答、国試過去問解説を図表とともに記事形式で見ることができます。通勤通学などのスキマ時間をつかって効率的学習。

④ こだわりのプリントPDFデータ
勉強の王道は、やはり机に向かって教科書とともに紙ベースで書き込んだり、調べたりしながら学習していくことだと思います。資料プリントのPDFデータは出版用のソフトを用いて、段落がページを跨がないように工夫して作ってあります。タブレットでもいいですが、ぜひ印刷して教科書とともに勉強してください。

⑤ zoom解剖学と連動
全ての内容がzoom解剖学オンライン講座と連動しています。zoom解剖学のアーカイブ動画はYouTubeでご覧いただけます。プリントと教科書とともに、YouTubeでアーカイブ動画を見ながら勉強、ポイントになる箇所に線を引いたり、曖昧な用語を調べたりして学習することで、根本から理解が促されます。

つむぐ指圧治療室・相模大野|スタッフは私と妻の二人

かずひろ先生は、神奈川県相模原市で「つむぐ指圧治療室」を開業しております。 現在、スタッフは私と妻の二人で行なっています。二人とも厚生労働大臣認定の国家資格をもったあん摩マッサージ指圧師です。個人店だからこそできる、きめ細かなアドバイス。誠心誠意の指圧治療でみなさまのこころと身体の健康に貢献していきます。

オンラインでは解剖学講師。そしてオフラインでは指圧師。 解剖学と同じくらい、指圧のひと押しにこだわっています。体重を載せるのではなく、下半身からの抗重力筋の連動動作により、足部・膝関節・股関節・背部〜肘関節にかけてのほんの少しの伸展を積み重ね反作用にて押圧いたします(反作用圧法)。この圧法の利点は、ごく軽い圧から強い圧まで正確なコントロールを保って押圧できること、そして上下に貫通するベクトルの中で押圧を行なうので、正確な垂直圧となることです。 (昨年までは反作用圧法セミナーを毎月開催していたのですが、コロナの影響で技術セミナーは自粛しております。2人集めてもらえればオンデマンドで技術セミナーを開催できますので、ご相談ください)

つむぐ指圧治療室HPへ

指圧サブスクリプション制度

指圧が週1回 20%オフで受けることができます

医院ではなかなか相談できない、もしくは時間がなくて聞けないようなちょっとした健康に対する疑問もぜひご相談ください。より良い人生を送るための信頼できる健康請負人として、ぜひご指名ください。

指圧サブスクリプション

google mapのレビューも4.8/5 と好評価を頂いております。 解剖学講師は情熱的に、そして指圧師では誠心誠意をモットーとしています。ご来店お待ち申し上げております。

google map|つむぐ指圧治療室

友だち追加つむぐ指圧治療室

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP