【一問一答】1.3.1 人体の構成 – 皮膚の表面積と熱傷

問題演習

スポンサードリンク

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

【一問一答】1-3-1 人体の構成 - 皮膚の表面積と熱傷 I got %%score%% of %%total%% right
スポンサードリンク

あなたの結果を共有する


Google+


スポンサードリンク

問題一覧

【一問一答】1.3.1 人体の構成 – 皮膚の表面積と熱傷

【皮膚の表面積と重さ】

皮膚の総面積は成人で約(  m²)である。

0.8m²
1.6m²
3.2m²

(解答) 1.6m²
皮膚の総面積は成人で約1.6m²で、ほぼ畳み1畳分の広さです。

皮膚の重さは約(A.  kg)で、体重の(B.  %)に及ぶ。

A. 5kg  B. 9%
A. 9kg  B. 16%
A. 18kg  B. 32%

(解答) A. 9kg  B. 16%
皮膚の重さは成人で約9kgで、体重の16%に及びます。皮膚は体内における最も大きい器官といえます。

【熱傷の程度】

熱傷は程度によりI〜III度に分けられる。水疱ができる(  度)では、損傷が真皮にまで達して皮膚の保護機能が失われる。

I度
II度
III度

(解答) II度
熱傷は程度によりI〜III度に分けられる。水疱ができるII度では、損傷が真皮にまで達して皮膚の保護機能が失われる。

II度の熱傷範囲が皮膚の総面積の30%以上に及ぶと重症で、生命の危険がある。○×

(解答) ○
II度の熱傷範囲が皮膚の総面積の30%以上に及ぶと重症で、生命の危険があります。

熱傷の広がりが皮膚の総面積に対する割合を知る目安として(  の法則)が知られる。

ウェーバーの法則
9の法則
メンデルの法則

(解答) 9の法則
熱傷の広がりが皮膚の総面積に対する割合を知る目安として9の法則が知られています。

9の法則によれば成人の上肢1本は体表面積の(  %)に相当する。

(解答) 9%
9の法則では、頭部の表面積が9%、上肢が左右それぞれ9%、下肢は前面9%、後面9%、体幹は前面左が9%、前面右が9%、後面も同様に9+9%、それに外陰部の1%が加わります。

つまり、全身を11分割し、9%×11=99%
これに外陰部1%が加わり 99% + 1% = 100%

次の問題



最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP