【解剖学 国試演習】4-4 消化器系-食道


解剖夏期講習 全8回(8月第1週〜4週 火・木)
消化器と泌尿器、神経組織と筋組織、皮膚について徹底的な国試対策
1. 豊富な図による解説
2. 丁寧な問題解説、図による理解
3. 記憶を強固にする「チャンク化」による国試解説
4. 頻出の類似問題などを間引かない、徹底した問題演習

Peatixお申し込みページを見てみる

 

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

【解剖学 国試演習】4-4 消化器系-食道 I got %%score%% of %%total%% right

あなたの結果を共有する


Google+



 

(理作-2000-6)
問題4-d1 正しいのはどれか。

1.口蓋の後半部を硬口蓋という。軟口蓋

2.口唇、歯列および頬で囲まれた空間を口腔前庭という。

3.舌の主体は平滑筋である。横紋筋

4.咽頭は直接気管とつながる咽頭 – 喉頭 – 気管

5.食道は気管分岐点の背側で広くなる狭くなる(食道第2狭窄部位)

(解答 2)

(柔整-2001-12)
問題4-d2 食道について正しいのはどれか。

1.気管の前方にある。後方(気管-食道-脊柱の順)

2.生理的狭窄部位は2か所である。3ヶ所
(食道起始部 C6 , 気管分岐部 T5〜6 , 横隔膜貫通部 T10)

3.食道上部の筋層は横紋筋からなる。
(食道上部1/3まで横紋筋、それより下から平滑筋)

4.食道壁の粘膜層は単層円柱上皮で覆われている。重層扁平上皮
(口腔〜咽頭〜食道まで重層扁平上皮、胃〜小腸〜大腸まで単層円柱上皮、肛門は重層扁平上皮)

(解答 3)

(理作-2001-3)
問題4-d3 正しいのはどれか。

1.舌筋は平滑筋である。横紋筋

2.口峡は口腔と咽頭の境である。○ 

3.咽頭腔は口部と喉頭部からなる。鼻部と口部と喉頭部

4.食道は気管の前方を走行する。後方

5.食道粘膜は円柱上皮である。重層扁平上皮

(解答 2)

(柔整-2004-12)
問題4-d4 食道について正しいのはどれか。

1.舌骨の高さで咽頭から続く。第6頸椎(輪状軟骨の高さ)

2.胃の幽門へ続く。噴門

3.粘膜は内腔に向かって輪状ヒダをつくる輪状ヒダは小腸
(食道には数本の縦ヒダが見られる)

4.気管の後ろを下がる。○ 

(解答 4)

(あマ指-2005-16)
問題4-d5 食道について誤っている記述はどれか。

1.粘膜上皮は重層扁平上皮である。

2.上部の筋層は横紋筋である。

3.上部は気管の後方に位置する。

4.横隔膜の腱中心を貫く。(食道裂孔)

(解答 4)

腱中心にあいた孔は大静脈孔のみ。腱の部分なので伸び縮みしないから丸い孔の形を維持できます。
(だから、大静脈孔のみ「裂孔」ではなく、「孔」です)
一方、大動脈裂孔と食道裂孔は横隔膜の筋肉の部分に空いた孔です。伸び縮みする部位に空いた孔なので丸い孔とならず、裂け目となるので「裂孔」となります。

413-09.jpeg

(柔整-2010-42)
問題4-d6 重層扁平上皮が存在するのはどれか。

1.食道 ○ 重層扁平上皮

2.胃 単層円柱上皮

3.小腸 単層円柱上皮

4.結腸 単層円柱上皮

(解答 1)

消化管の構造は、ひとつひとつの部位を別々に勉強するのではなく、消化管全体を一続きの管として捉えて、構造が変化する部位を覚えます。すなわち

  • 粘膜上皮
    • 口腔〜咽頭〜食道:重層扁平上皮(摩擦や機械的刺激に強い)
    • 胃〜小腸〜大腸:単層円柱上皮(消化や吸収に向く)
    • 肛門:重層扁平上皮(摩擦や機械的刺激に強い)
  • 筋層
    • 口腔〜咽頭〜食道上部1/3:横紋筋
    • 食道中部〜胃〜小腸〜大腸〜内肛門括約筋:平滑筋
    • 外肛門括約筋:横紋筋

移行部だけ覚えれば、個別に上皮や筋層の種類を覚える必要はありません。全体をとおして構造の基本を理解して、特徴を付け加えて覚えます。

411-07.jpeg

【無料】解剖生理メルマガやってます

  • 厳選した国試過去問を毎日お昼におとどけ
  • 答えだけでなく、画像付きで解説!問題を解く考え方も
  • 勉強法のアドバイスやおすすめの参考書の紹介
  • オンライン講座のお知らせ

解剖生理メールマガジン
登録フォーム

以下にお名前とアドレスを入れていただきますと、登録できます。登録解除もいつでもできるので、お気軽にお試しください。

    取得中もしくはお持ちの資格

    We respect your privacy. Unsubscribe at anytime.

    note 解剖学マガジン

    ポイントだけを暗記するのではなく、教科書を理解するための副教材の決定版。理解をすることで記憶は強固になり、忘れなくなります。 そして解剖学の理解は臨床力への豊かな土壌となります。解剖を得意科目にして将来に役立てたい。そんな方におすすめです。

    かずひろ先生の解剖学マガジンのポイント

    1 とにかく図が豊富
    2 解説、一問一答、国試過去問で効率良く学べる
    3 ポイントは表形式でまとめられ、覚えるポイントが明確
    4 オンライン講座と連動。アーカイブ動画で何度でも学習できる

    解剖学マガジン|note

     

    つむぐ指圧治療室・相模大野|安心できる環境で最高の癒やしを提供

    かずひろ先生は、神奈川県相模原市で「つむぐ指圧治療室」を開業しております。 店内は固定壁で仕切らない、広い畳の空間です。狭い個室では不安というお客様に大変好評をです。例えば受験勉強で首や肩がとてもツライという娘さんがお母様といらっしゃったことがあります。とても娘さま、お母様ともに安心して指圧を受けていただけました。個室になっていないのが逆にともて安心だということでした。

    つむぐ指圧治療室HPへ

    指圧サブスクリプション制度

    指圧が週1回 20%オフで受けることができます

    医院ではなかなか相談できない、もしくは時間がなくて聞けないようなちょっとした健康に対する疑問もぜひご相談ください。より良い人生を送るための信頼できる健康請負人として、ぜひご指名ください。

    指圧サブスクリプション

    google mapのレビューも4.8/5 と好評価を頂いております。 解剖学講師は情熱的に、そして指圧師では誠心誠意をモットーとしています。ご来店お待ち申し上げております。

    google map|つむぐ指圧治療室

    友だち追加つむぐ指圧治療室

    解剖夏期講習 全8回(8月第1週〜4週 火・木)
    消化器と泌尿器、神経組織と筋組織、皮膚について徹底的な国試対策
    1. 豊富な図による解説
    2. 丁寧な問題解説、図による理解
    3. 記憶を強固にする「チャンク化」による国試解説
    4. 頻出の類似問題などを間引かない、徹底した問題演習

    Peatixお申し込みページを見てみる

     

    最近の記事

    • 関連記事
    • おすすめ記事
    • 特集記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    スポンサードリンク
    PAGE TOP