鼻中隔を構成する骨はどれか (2012年 あマ指 問題17)


解剖夏期講習 全8回(8月第1週〜4週 火・木)
消化器と泌尿器、神経組織と筋組織、皮膚について徹底的な国試対策
1. 豊富な図による解説
2. 丁寧な問題解説、図による理解
3. 記憶を強固にする「チャンク化」による国試解説
4. 頻出の類似問題などを間引かない、徹底した問題演習

Peatixお申し込みページを見てみる

 

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

鼻中隔を構成する骨はどれか (2012年 あマ指 問題17) I got %%score%% of %%total%% right

鼻中隔を構成する骨はどれか (2012年 あマ指 問題17)

1 × 下鼻甲介
下鼻甲介は、鼻腔の外側壁に位置する貝がらのような形をした小さな骨で左右1対ある。鼻腔の外側壁から屋根のひさしのように鼻腔内に突き出る。(p.209 口蓋骨・下鼻甲介・鋤骨)

2 × 頬骨
頬骨は、頬の出っ張りをつくる左右1対の骨で、眼窩の外側壁をつくるほか、頬骨弓の前方部を構成する。(p.207 鼻骨・涙骨・頬骨)

3 ○ 鋤骨
鋤骨は、篩骨の垂直板の下方で鼻中隔の下部をつくる板状の骨で、ウシに引かせて土を掘り起こす鋤に似ているところからこの名がある。(p.209 口蓋骨・下鼻甲介・鋤骨)

4 × 鼻骨
鼻骨は、鼻根部(メガネが鼻に当たる部分)をつくる長方形の小さな扁平骨で、左右1対ある。(p.207 鼻骨・涙骨・頬骨)


鼻腔は鼻中隔により左右に分けられる。鼻中隔の手前は鼻中隔軟骨、奥の上部は篩骨垂直板、奥の下部は鋤骨によりつくられる。(p.203 鼻腔・副鼻腔, p.208 図10–51 頭蓋の正中断)

次の問題

[kanren postid=“2118”]



解剖夏期講習 全8回(8月第1週〜4週 火・木)
消化器と泌尿器、神経組織と筋組織、皮膚について徹底的な国試対策
1. 豊富な図による解説
2. 丁寧な問題解説、図による理解
3. 記憶を強固にする「チャンク化」による国試解説
4. 頻出の類似問題などを間引かない、徹底した問題演習

Peatixお申し込みページを見てみる

 

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP