股関節の外転に関与する筋はどれか (2012年 あマ指 問題20)

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

股関節の外転に関与する筋はどれか (2012年 あマ指 問題20) I got %%score%% of %%total%% right

股関節の外転に関与する筋はどれか (2012年 あマ指 問題20)

1 × 大腿方形筋
坐骨結節 → 転子間稜;仙骨神経叢;股関節の外旋(p.266 外寛骨筋)

2 × 恥骨筋
恥骨櫛 → 恥骨筋線;大腿神経;股関節の内転、屈曲(p.272 大腿内面の筋 (内転筋群))

3 ○ 中殿筋
腸骨外面 → 大転子;上殿神経;股関節の外転、前部の筋は内旋(p.266 外寛骨筋)

4 × 腸腰筋
腸骨筋:腸骨窩 → 小転子;大腿神経;股関節の屈曲
大腰筋:前腰椎の肋骨突起、第12胸椎~第4腰椎の椎体と椎間円板 → 小転子;腰神経叢;股関節の屈曲


中殿筋は三角形の広がりをもった扁平な筋で、その後部は大殿筋におおわれる。小殿筋は中殿筋の下にすっぽり隠れた三角形の筋である。3つの殿筋は重なり合うが、筋線維の走る方向が互いに少し異なる。
中殿筋も小殿筋も同様に股関節を外転する。股関節の外転は、特に歩行時において重要である。歩行では下肢が交互に体重を支えるが、着地している側の中殿筋と小殿筋とが外転作用で骨盤を傾け、骨盤の反対側を挙上する。挙上側の下肢は屈曲し足を前に出す。おろした足の中殿筋・小殿筋が収縮して骨盤の対側を持ち上げ、足を前に出す。このように歩行では左右両側の中殿筋と小殿筋とが交互に働いて、骨盤を左右交互に傾け前進する。(p.266 外寛骨筋)

次の問題

[kanren postid=“2128”]


最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP