眼球で最も前方にあるのはどれか (2016年 あマ指 問題26)

スポンサードリンク

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

眼球で最も前方にあるのはどれか (2016年 あマ指 問題26) I got %%score%% of %%total%% right
スポンサードリンク
スポンサードリンク

眼球で最も前方にあるのはどれか (2016年 あマ指 問題26)

1 × 虹彩
毛様体から起こり、水晶体の前方でこれを周囲から縁どるように存在する。カメラの絞りにあたるもので、中心の小孔は瞳孔(直径3~6mm)と呼ばれる。虹彩は血管、神経、色素細胞に富み、その内部には輪走する瞳孔括約筋と放射状に走る瞳孔散大筋の2種類の平滑筋があり、眼球に入る光量の調節を行っている。瞳孔括約筋は副交感神経(動眼神経)により、瞳孔散大筋は交感神経によりそれぞれ支配されている。

2 × 硝子体
水晶体と網膜との間にある無色透明なゼリー状の物質で、大部分は水分である。眼球の後3/5を占め、眼球の内圧を保って一定の形を与えている。

3 × 水晶体
直径約10mmの両面が凸のレンズ様物質で、特殊な線維状の細胞でできており、柔らかく弾性に富んでいる。水晶体が白く混濁すると、光の通過が遮られて白内障になる。また、年齢とともに水分が減少して弾性を失うと調節力が低下し、老眼となる。

4 ○ 前眼房
角膜と虹彩の間の空間を前眼房、また虹彩と水晶体との間の空間を後眼房といい、眼房水で満たされている。眼房水は毛様体内面の上皮から分泌され、後眼房から瞳孔をへて前眼房へと流れ、角膜と強膜の境界部にある強膜静脈洞(シュレム管)から眼静脈へ吸収される。


角膜 – 前眼房 – 虹彩 – 水晶体 – 硝子体 – 網膜と並ぶ。 (p.149 図9–1 眼球の構造)

次の問題

2016年 第24回 あん摩マッサージ指圧師国家試験の問題はこれで終わりです。おつかれさまでした。
次は第24回 はり師・きゅう師国家試験の問題にチャレンジしてみましょう。
[kanren postid=“989”]


最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP