咽頭について正しいのはどれか (2016年 あマ指 問題22)


解剖夏期講習 全8回(8月第1週〜4週 火・木)
消化器と泌尿器、神経組織と筋組織、皮膚について徹底的な国試対策
1. 豊富な図による解説
2. 丁寧な問題解説、図による理解
3. 記憶を強固にする「チャンク化」による国試解説
4. 頻出の類似問題などを間引かない、徹底した問題演習

Peatixお申し込みページを見てみる

 

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

咽頭について正しいのはどれか (2016年 あマ指 問題22) I got %%score%% of %%total%% right

咽頭について正しいのはどれか (2016年 あマ指 問題22)

1 × 咽頭口部に耳管が開口する
咽頭鼻部耳管が開口(耳管咽頭口)する。

2 × 咽頭喉頭部に声帯がある
喉頭声帯がある。(p.63 喉頭)

3 × 咽頭筋は平滑筋である
咽頭筋は横紋筋である。(食道上部まで横紋筋、それより下位が平滑筋)

4 ○ 第6頸椎の高さで食道に移行する
第6頸椎の高さで食道に移行する。輪状軟骨は第6頚椎の高さ。呼吸器系は輪状軟骨の下より気管が始まり、消化器系は第6頚椎の高さで咽頭から食道に移行する。(p.77 食道)


咽頭は頭蓋底に始まり、頚椎のすぐ前を漏斗状に細くなって下り、食道につながる横紋筋でできた中腔器官である。その長さ約12cmであり、前面には後鼻孔・口峡・喉頭口が開く。
咽頭は鼻部・口部・喉頭部の3部に分けられる。鼻部の天井の粘膜は表面に凹凸が見られ、咽頭扁桃というリンパ組織がある。鼻部の左右の側壁には耳管の開口部があり鼓室に通じている。通常は閉じられているが、物を飲み込む時に、この管が開き鼓室の気圧と外気圧の違いが調整される。耳管の開口部には耳管扁桃が見られる。(p.76 咽頭)

次の問題

[kanren postid=“892”]



解剖夏期講習 全8回(8月第1週〜4週 火・木)
消化器と泌尿器、神経組織と筋組織、皮膚について徹底的な国試対策
1. 豊富な図による解説
2. 丁寧な問題解説、図による理解
3. 記憶を強固にする「チャンク化」による国試解説
4. 頻出の類似問題などを間引かない、徹底した問題演習

Peatixお申し込みページを見てみる

 

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP