側頭葉にみられるのはどれか (2013年 鍼灸 問題29)

815問の国試過去問で強くなる - アナトミーブートキャンプ アーカイブ版

アナトミーブートキャンプアーカイブ版

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

側頭葉にみられるのはどれか (2013年 鍼灸 問題29) I got %%score%% of %%total%% right

側頭葉にみられるのはどれか (2013年 鍼灸 問題29)

1 × 運動野

中心溝の前を、平行に上下に走る中心前回運動野といい、骨格筋の随意運動を指令する運動中枢である。運動野の部位と身体の部分との間には明確な対応関係がある。中心前回の内側上部から外側下部にかけて下肢・体幹・上肢・顔面・舌と、身体の上下を逆さにしたように支配領域が並び、また左半球は右半身を、右半球は左半身を支配するので、左右も逆の関係になる。さらに、手や顔、特に唇や舌のように微妙で、複雑な運動を行う筋の支配領域は広い面積を占めており、手や指を使う運動が脳の活性化に有効なのはこのためである。

2 × 視覚野

視覚野は網膜から始まる視覚の中枢で、後頭葉の内面で鳥距溝の周囲にある。灰白質の中層を白い線が走るので有線領と呼ばれる。その周囲には映像の意味を理解する二次視覚野が広がる。

3 × 体性感覚野

中心溝の後ろで、それに沿って伸びる中心後回体性感覚野である。皮膚感覚(温・痛・触覚)や深部感覚(関節覚・筋覚)の中枢で、ここで感覚の種類や位置を正確に判断することになる。感覚野も運動野と同様に、その支配する身体部位の上下と左右は反対になり、また感覚の鋭敏な領域は広い面積を占めている。

4 ○ 聴覚野

聴覚野は内耳からの聴覚の中枢で、側頭葉の上面にある。その周囲には聞こえた音の意味を理解する二次聴覚野が広がる。


前頭葉:一次運動野・運動性言語中枢 (ブローカ中枢)
頭頂葉:一次体性感覚野・味覚野
側頭葉:一次聴覚野・感覚性言語中枢 (ウェルニッケ中枢)
後頭葉:一次視覚野

次の問題

[kanren postid=“1969”]


815問の国試過去問で強くなる - アナトミーブートキャンプ アーカイブ版

アナトミーブートキャンプアーカイブ版

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP