上肢の伸筋支帯下の6つの管と通過する腱との組合せで正しいのはどれか (2014年 鍼灸 問題19)

スポンサードリンク

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

上肢の伸筋支帯下の6つの管と通過する腱との組合せで正しいのはどれか (2014年 鍼灸 問題19) I got %%score%% of %%total%% right
スポンサードリンク
スポンサードリンク

上肢の伸筋支帯下の6つの管と通過する腱との組合せで正しいのはどれか (2014年 鍼灸 問題19)

1 × 第1管 ―――― 長母指伸筋の腱
長母指外転筋と短母指伸筋の腱が通る。

2 × 第2管 ―――― 長母指外転筋の腱
長橈側手根伸筋と短橈側手根伸筋の腱が通る。

3 × 第4管 ―――― 短母指伸筋の腱
総指伸筋と示指伸筋の腱が通る。

4 ○ 第5管 ―――― 小指伸筋の腱


伸筋支帯下の6つの管

橈骨と尺骨の背側下部 (腕時計をする位置) には、伸筋支帯という靭帯性のバンドが張っており、手背に至る前腕伸筋腱を押さえている。これによって、指を伸展させたときに、腱が手首に浮かび上がらないようになっている。伸筋支帯と橈骨・尺骨との聞には、伸筋の腱を通す6つのトンネルがある。各トンネルの問では伸筋支帯の一部が骨に密着して、となり合う腱トンネルを仕切る区画(腱区画)をなす。伸筋腱はそれぞれの腱区画ごとに個別の腱鞘に包まれており、運動時の摩擦を軽減させる。腱区画に仕切られたトンネルを橈側から順に列挙する。(p.257 伸筋支帯)

第1菅:長母指外転筋と短母指伸筋
第2菅:長橈側手根伸筋と短橈側手根伸筋
第3菅:長母指伸筋
第4菅:総指伸筋と示指伸筋
第5菅:小指伸筋
第6菅:尺側手根伸筋

2014-h19-Extensor tendon of the right hand p.165-1-aohas.jpg

次の問題

[kanren postid=“1349”]


最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP