上殿動脈の走行と分布域

上殿動脈は内腸骨動脈最大の枝で、上殿静脈、上殿神経と共に大坐骨孔(梨状筋上孔)を通り殿部にでて、浅枝と深枝にわかれる。浅枝は大殿筋と中殿筋の間を走り、大殿筋上部や中殿筋に分布する。深枝は中殿筋と小殿筋の間を走り、これらの筋に分布した後に大腿筋膜張筋に達する。

2014-28a_10_上殿動脈・大殿筋剝離.png
上殿動脈 右外寛骨筋より大殿筋剝離
2014-28a_11_上殿動脈・大殿筋剝離し上殿動脈を透過.png
上殿動脈 右外寛骨筋より大殿筋剝離し上殿動脈を透過
2014-28a_12_上殿動脈・大殿筋・中殿筋剝離.png
上殿動脈 右外寛骨筋より大殿筋・中殿筋剝離
2014-28a_09_上殿動脈のみ.png
上殿動脈

参考画像:3D4Medical社 Essential Anatomy 5より

スポンサードリンク