腋窩動脈の走行と筋

暗記用画像スライダー(真ん中の線を左右に動かせます)

腋窩動脈の走行と筋

鎖骨下動脈が第1肋骨外側縁を越えると、腋窩動脈へと移行します。

腋窩動脈の枝は、肩甲下枝最上胸動脈胸肩峰動脈外側胸動脈肩甲下動脈前上腕回旋動脈後上腕回旋動脈があります。

肩甲下動脈は、肩甲回旋動脈胸背動脈へと分かれます。

腋窩動脈が腋窩の下縁(大胸筋の下縁)を通過すると、上腕動脈へとなります。腋窩動脈の枝について、すこし細かいところもみていきます。

  • 最上胸動脈:腋窩動脈の最初の枝で、大胸筋と小胸筋の間に入り、小胸筋と前鋸筋に分布します。
  • 胸肩峰動脈:最上胸動脈の次に出て、鎖骨枝、胸筋枝、三角筋枝、肩峰枝に分かれます。肩峰枝は肩甲上動脈の枝と吻合し肩峰動脈網を形成します。
  • 外側胸動脈:3番目にでる枝で、前鋸筋の上を垂直に下り胸筋や前鋸筋に分布する他、乳腺へ至る外側乳腺枝を出します。
  • 肩甲下動脈:後方に向かって、肩甲骨外側縁より肩甲下筋の前面に分布した後、肩甲回旋動脈と胸背動脈へと分岐します。
  • 前上腕回旋動脈:上腕骨外科頚の前を外方に走り、後上腕回旋動脈と吻合しつつ肩関節や周囲の筋に分布します。
  • 後上腕回旋動脈:外側腋窩隙より上腕骨外科頚の後ろを通って外方に走り、上腕骨骨膜や三角筋などに分布した後、前上腕回旋動脈と吻合します。

※ 「さきがけ前後」というゴロがあります。

腋窩動脈の枝では内側・外側腋窩隙を通るものが試験で狙われやすいです。
肩甲回旋動脈内側腋窩隙を、後上腕回旋動脈腋窩神経とともに外側腋窩隙を通過し、背部へと至ります。腋窩動脈の枝で重要なポイントです。

note【徹底的国試対策】解剖学マガジン

zoom解剖学と連動した資料です。こちらは記事タイプなのでモバイルやPCでいつでも学習を進められるように構成しています。

かずひろ先生の【徹底的国試対策】解剖学|黒澤一弘|note

上肢の脈管 問題演習データ(一問一答・国試過去問)プレゼント

プリントダウンロードページです。問題演習データを無料ダウンロードできます。
解説や問題の赤入れ解答は月額制マガジンにて提供しています。

【2-7 (0)】循環器系 − 上肢の脈管 学習プリント|黒澤一弘|note

zoom解剖学オンライン講座

将来のために今をがんばる。徹底的に解剖学を勉強する。

  • 自宅にいながら、zoomでオンライン講義を受ける。
  • 好きな時間にアーカイブ動画にて復習をする。
  • 隙間時間にスマホで知識の確認をする。
  • 教科書を理解するための副読本として作られたプリントを元に教科書の記述をひも解いていく。
それぞれの場所、それぞれの時間に合わせた質の高い学習コンテンツを提供いたします。

zoom解剖学オンライン講座」にご登録ください。 講座の視聴 & 一問一答・国試過去問の演習データ(PDF)は完全無料。 これだけで、十分に深い勉強ができます。詳細な説明プリントが必要な場合はnoteの月額制マガジン(月1,980円)にて提供しています。

zoom解剖学オンライン講義 お申し込み、詳細

Zoom 解剖学オンライン講座

noteマガジン

 

つむぐ指圧治療室・相模大野|お子様連れでも安心

かずひろ先生は、神奈川県相模原市で「つむぐ指圧治療室」を開業しております。 現在、スタッフは私と妻の二人で行なっています。私たちも子育て世代なので、子育て中のママさんパパさんをこころより応援したいと思っています。固定壁で仕切らない広々とした店内は、小さいお子様でも安心です。キッズスペースや授乳スペースも確保してありますので、是非ともお子様と一緒にご来店ください。日常の疲れを癒して、喜び溢れた生活を過ごせるよう、健康面でサポートさせていただきます。

つむぐ指圧治療室HPへ

指圧サブスクリプション制度

指圧が週1回 20%オフで受けることができます

医院ではなかなか相談できない、もしくは時間がなくて聞けないようなちょっとした健康に対する疑問もぜひご相談ください。より良い人生を送るための信頼できる健康請負人として、ぜひご指名ください。

指圧サブスクリプション

google mapのレビューも4.8/5 と好評価を頂いております。 解剖学講師は情熱的に、そして指圧師では誠心誠意をモットーとしています。ご来店お待ち申し上げております。

google map|つむぐ指圧治療室

友だち追加つむぐ指圧治療室

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP