肘・前腕後側の動脈と筋


解剖夏期講習 全8回(8月第1週〜4週 火・木)
消化器と泌尿器、神経組織と筋組織、皮膚について徹底的な国試対策
1. 豊富な図による解説
2. 丁寧な問題解説、図による理解
3. 記憶を強固にする「チャンク化」による国試解説
4. 頻出の類似問題などを間引かない、徹底した問題演習

Peatixお申し込みページを見てみる

 

暗記用画像スライダー(真ん中の線を左右に動かせます)

肘・前腕後側の動脈と筋

こちらは前腕後側の動脈を表した図です。

後骨間動脈は前腕骨間膜と斜索の間を通り抜け、続いて回外筋と長母指外転筋の間より前腕後側に出てきます。

後骨間動脈が前腕後側に出ると、まず反回骨間動脈を情報に向かって分岐します。これは肘関節動脈網へ加わります。

後骨間動脈の本幹は遠位へと前腕伸筋群に枝をだしつつ下行します。そして、細い枝となり、背側手根動脈網に加わります。

前骨間動脈もまた、方形回内筋の近位で骨間膜を貫き前腕後面に出て、背側手根動脈網へと加わります。


解剖夏期講習 全8回(8月第1週〜4週 火・木)
消化器と泌尿器、神経組織と筋組織、皮膚について徹底的な国試対策
1. 豊富な図による解説
2. 丁寧な問題解説、図による理解
3. 記憶を強固にする「チャンク化」による国試解説
4. 頻出の類似問題などを間引かない、徹底した問題演習

Peatixお申し込みページを見てみる

 

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP