全身性浮腫の要因と浮腫を見分ける注意点

暗記用画像スライダー(真ん中の線が左右に動かせます)

全身性浮腫の要因

全身性浮腫の要因についてみてみます。

臓器でいえば、心臓腎臓肝臓が悪くなると全身性浮腫が生じます。

何故か?を理解してください。毛細血管網の静脈側は血圧が15mmHg、膠質浸透圧は25mmHgあります。よって、
15-25 = -10mmHgが毛細血管の静脈側の濾過圧です。マイナスなので、再吸収が働きます。

心不全などで、心臓のポンプとしての機能が低下すると、静脈血が戻りにくくなり、静脈圧が上昇します。

たとえば、毛細血管の臍静脈側の血圧が15mmHgから20mmHgとなったとします。

膠質浸透圧は25mmHgで変わらないので、
20-25 = -5mmHgとなります。

静脈圧が15mmHgから20mmHgに上昇するだけで、再吸収の力は-10より、-5と半分となってしまいます。

心臓性の浮腫の場合は、重力の影響のため下肢に生じやすいという特徴があります。

腎臓が悪くなっても、浮腫が生じます。腎炎ネフローゼ症候群ではタンパク尿で尿中にタンパク質が出てしまいます。すると低タンパク血症となり、膠質浸透圧の低下が生じます。

通常、膠質浸透圧は25mmHgですが、これが20mmHgに減るとどうでしょうか。細静脈側の血圧15mmHg – 20mmHgで、-5mmHgとなります。膠質浸透圧が25から20に低下するだけで、組織液を再吸収する力は半分となってしまいます。

腎性の浮腫の場合は、上眼瞼より生じやすいという特徴があります。

肝臓が悪くなっても、全身性浮腫となります。血漿タンパク質の多くは肝臓でつくられます。肝機能の低下により血漿タンパク質の産生能力が落ち、低タンパク血症となります。あとは、同様に低タンパク血症は膠質浸透圧の低下を招き、浮腫を生じさせます。

また、肝硬変では門脈圧の上昇により腹水を伴うことも特徴です。

低栄養でも浮腫が生じます。飢餓や過度のダイエットによる低タンパク血症が原因です。

ホルモンバランスの失調によっても浮腫となります。甲状腺機能低下症の他、月経前などにみられます。

浮腫を見分ける注意点

リンパ管による回収能力を超えて組織液が貯留した状態を水腫といい、皮下にこの貯留が起こると浮腫となります。

浮腫の有無をみるには、上肢や下肢の場合、左右の大きさや、静脈、腱、骨の浮き出しに注意します。

圧痕浮腫の確認では、指で5秒間しっかり丁寧に押してみます。

正常では圧痕(右)はみられませんが、浮腫がある場合は、指の跡が残ります。

note【徹底的国試対策】解剖学マガジン

zoom解剖学と連動した資料です。こちらは記事タイプなのでモバイルやPCでいつでも学習を進められるように構成しています。

かずひろ先生の【徹底的国試対策】解剖学|黒澤一弘|note

リンパ系 問題演習データ(一問一答・国試過去問)プレゼント

プリントダウンロードページです。問題演習データを無料ダウンロードできます。
解説や問題の赤入れ解答は月額制マガジンにて提供しています。

【2-6 (0)】循環器系 − リンパ系 学習プリント|黒澤一弘|note

YouTube リンパ系解説

【徹底的国試対策】解剖学マガジン リンク|note

解剖学マガジン|note

zoom解剖学

YouTube かずひろ先生

友だち追加(かずひろ先生の【徹底的国試対策】解剖学)

【徹底的国試対策】解剖学マガジン 5つのポイント

① 豊富な図とまとめの表
イメージがつきやすくポイントを暗記するだけでなく、理解できるように作ってあります。

② 徹底的な問題演習
基礎力をまんべんなく養う一問一答。国試対策に直結する国試過去問はあマ指、鍼灸を始め、柔道整復、看護、PT,OTなども収録。

③ スマホにて隙間時間学習
各単元の解説、一問一答、国試過去問解説を図表とともに記事形式で見ることができます。通勤通学などのスキマ時間をつかって効率的学習。

④ こだわりのプリントPDFデータ
勉強の王道は、やはり机に向かって教科書とともに紙ベースで書き込んだり、調べたりしながら学習していくことだと思います。資料プリントのPDFデータは出版用のソフトを用いて、段落がページを跨がないように工夫して作ってあります。タブレットでもいいですが、ぜひ印刷して教科書とともに勉強してください。

⑤ zoom解剖学と連動
全ての内容がzoom解剖学オンライン講座と連動しています。zoom解剖学のアーカイブ動画はYouTubeでご覧いただけます。プリントと教科書とともに、YouTubeでアーカイブ動画を見ながら勉強、ポイントになる箇所に線を引いたり、曖昧な用語を調べたりして学習することで、根本から理解が促されます。

つむぐ指圧治療室・相模大野|自律神経を整える腹部指圧(按腹)

かずひろ先生は、神奈川県相模原市で「つむぐ指圧治療室」を開業しております。

ご存知でしょうか。指圧は肩こりや腰痛だけではなくて、実は自律神経の調節がとても得意なんです。その秘訣は「腹部指圧」です。江戸時代では「按腹」とも呼ばれていました。お腹には消化器系や泌尿器系といった臓器があるのはもちろんですが、内臓器の働きを調節する自律神経が張り巡らされています。

自律神経という場合には、一般的に「交感神経」と「副交感神経」が有名です。交感神経は心身を緊張状態として闘争や逃走に適した状態とする役割があり、副交感神経は心身をリラックスさせ消化吸収を促し治癒力をたかめてエネルギーを蓄えるように働きます。

これらは臓器の機能を調節する「遠心性」の自律神経ですが、これ以外に「求心性」の自律神経があります。これを内臓求心性神経といい、実は遠心性線維より遥かに多い数があることが知られています。内臓からの求心性神経は常に脳や脊髄に内臓の情報を伝えています。文字通りこころと身体は繋がっています。内臓の調子が悪ければ、イマイチやる気も起きないのは、無理をしないようにという内臓求心性神経からのメッセージかもしれません。

当室の腹部指圧(按腹)では、母指や四指、手掌をもちいてお腹全体をやわらかくし、組織液の循環をよくして内臓の細胞達ひとつひとつの活性化を心に想い、誠心誠意お腹を施術させていただきます。

「腹を割って話をする」「腹を決める」などという諺があるように、お腹は私たちの身体の根本ともなるところです。だからこそ、内臓器に対する深い理解とともに、誠心誠意お腹の臓器たちに敬意を払い腹部指圧をさせていただいております。

つむぐ指圧治療室HPへ

指圧サブスクリプション制度

指圧が週1回 20%オフで受けることができます

医院ではなかなか相談できない、もしくは時間がなくて聞けないようなちょっとした健康に対する疑問もぜひご相談ください。より良い人生を送るための信頼できる健康請負人として、ぜひご指名ください。

指圧サブスクリプション

google mapのレビューも4.8/5 と好評価を頂いております。 解剖学講師は情熱的に、そして指圧師では誠心誠意をモットーとしています。ご来店お待ち申し上げております。

google map|つむぐ指圧治療室

友だち追加つむぐ指圧治療室

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP