門脈系と体循環系

暗記用画像スライダー

門脈系

門脈とは一度毛細血管となった血管網が静脈に集まり、その後再び毛細血管網となる血管系を言います。

このような構造は、肝門脈の他に、下垂体門脈もあります。ですが通常、門脈という場合は肝門脈を指します。

ここでは「肝門脈」以下、門脈についてみていきます。

門脈脾静脈上腸間膜静脈下腸間膜静脈が合流してできます。

臓器でいえば、脾臓と膵臓、消化管からの静脈血を集めて肝臓へ送る血管が門脈です。

門脈の働きについてまとめてみます。

① 胃腸から吸収された栄養分(糖やアミノ酸)、薬物を肝臓におくり代謝解毒を行ないます。

② 膵臓で分泌された血糖調節ホルモン(インスリングルカゴン)を肝臓に運びます。これにより、グリコーゲンの生成や分解を行い血糖値を調節します。

③ 脾臓で古い赤血球が壊され、その処理で生じたヘモグロビンはビリルビンとなります。ビリルビンは門脈により肝臓に運ばれ胆汁の材料となります。

このように、門脈は肝臓の解毒や代謝、胆汁生成などの機能に係わる機能血管です。一方、肝臓の栄養血管固有肝動脈です

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP