上大静脈・下大静脈と大動脈

暗記用画像スライダー

上大静脈・下大静脈と大動脈

こちらの図は心臓と大動脈、その枝を残したものです。
上大静脈とそれに流入する根をみてみます。

右腕頭静脈に比べて、左腕頭静脈のほうが長いことは先ほども見ました。

左腕頭静脈は大動脈弓から出る腕頭動脈左総頚動脈左鎖骨下動脈前を横切っていることも抑えて下さい。

下大静脈を見てみますと、大静脈孔のすぐ下で3本の肝静脈が流入しているようすがわかります。

また、左腎静脈が腹大動脈の前を横切っているのがわかります。

一方、右腎動脈は下大静脈の下を横切り右腎へと行きます。

第5腰椎の高さで左右の総腸骨静脈が合わさり下大静脈が始まります。

一方、腹大動脈第4腰椎の高さで左右の総腸骨動脈に分かれて終わります。

このL4, L5のあたりでは前後関係は総腸骨動脈の方が前(腹側)、総腸骨静脈が後(背側)となっています。

腕頭静脈や腎静脈の高さでは、静脈のほうが前(腹側)ですが、総腸骨静脈は静脈が後ろである点に注意が必要です。

知識の確認

  • (  腕頭静脈)は大動脈弓から出る腕頭動脈、左総頚動脈、左鎖骨下動脈の前を横切る。解答
  • 大静脈孔のすぐ下で、下大静脈に(   )が流入する。解答
  • (  腎静脈)は腹大動脈の(  )を横切り下大静脈へ注ぐ。解答
  • (  腎動脈)は下大静脈の(  )を横切り右腎へ達する。解答
  • (第  腰椎)の高さで、左右の(    )が合わさり下大静脈となる解答
  • 腹大動脈は(第  腰椎)の高さで左右の(    )に分かれて終わる解答
  • 総腸骨動脈と総腸骨静脈では、(総腸骨  )のほうが前(腹側)に位置する解答

note【徹底的国試対策】解剖学マガジン

zoom解剖学と連動した資料です。こちらは記事タイプなのでモバイルやPCでいつでも学習を進められるように構成しています。

かずひろ先生の【徹底的国試対策】解剖学|黒澤一弘|note

静脈系 問題演習データ(一問一答・国試過去問)プレゼント

プリントダウンロードページです。問題演習データを無料ダウンロードできます。
解説や問題の赤入れ解答は月額制マガジンにて提供しています。

【2-4 (0)】循環器系 − 静脈系 学習プリント|黒澤一弘|note

YouTube 静脈系解説

zoom解剖学オンライン講座

将来のために今をがんばる。徹底的に解剖学を勉強する。

  • 自宅にいながら、zoomでオンライン講義を受ける。
  • 好きな時間にアーカイブ動画にて復習をする。
  • 隙間時間にスマホで知識の確認をする。
  • 教科書を理解するための副読本として作られたプリントを元に教科書の記述をひも解いていく。
それぞれの場所、それぞれの時間に合わせた質の高い学習コンテンツを提供いたします。

zoom解剖学オンライン講座」にご登録ください。 講座の視聴 & 一問一答・国試過去問の演習データ(PDF)は完全無料。 これだけで、十分に深い勉強ができます。詳細な説明プリントが必要な場合はnoteの月額制マガジン(月1,980円)にて提供しています。

zoom解剖学オンライン講義 お申し込み、詳細

Zoom 解剖学オンライン講座

noteマガジン

 

つむぐ指圧治療室・相模大野|筋膜リリースも取り入れた効果的施術

かずひろ先生は、神奈川県相模原市で「つむぐ指圧治療室」を開業しております。

指圧のターゲットは筋肉だけではありません。皮膚、結合組織、筋膜、そして筋肉。骨(骨膜)や、血管、神経にアプローチすることも多々あります。

机上の解剖学だけでは面白くありません。私は手技療法家の立場から解剖学を追求し、それを施術へと活かし、そしてまた解剖学の講義へとそれを活かしていくことをライフワークとしています。環のように巡らし、痛みや不調で悩んでいる方々の助けとなり、そして医療従事者を目指す方々の力にもなれたら、こんな嬉しいことはありません。

つむぐ指圧治療室HPへ

指圧サブスクリプション制度

指圧が週1回 20%オフで受けることができます

医院ではなかなか相談できない、もしくは時間がなくて聞けないようなちょっとした健康に対する疑問もぜひご相談ください。より良い人生を送るための信頼できる健康請負人として、ぜひご指名ください。

指圧サブスクリプション

google mapのレビューも4.8/5 と好評価を頂いております。 解剖学講師は情熱的に、そして指圧師では誠心誠意をモットーとしています。ご来店お待ち申し上げております。

google map|つむぐ指圧治療室

友だち追加つむぐ指圧治療室

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP