上殿動脈の走行と分布域


解剖夏期講習 全8回(8月第1週〜4週 火・木)
消化器と泌尿器、神経組織と筋組織、皮膚について徹底的な国試対策
1. 豊富な図による解説
2. 丁寧な問題解説、図による理解
3. 記憶を強固にする「チャンク化」による国試解説
4. 頻出の類似問題などを間引かない、徹底した問題演習

Peatixお申し込みページを見てみる

 

上殿動脈は内腸骨動脈最大の枝で、上殿静脈、上殿神経と共に大坐骨孔(梨状筋上孔)を通り殿部にでて、浅枝と深枝にわかれる。浅枝は大殿筋と中殿筋の間を走り、大殿筋上部や中殿筋に分布する。深枝は中殿筋と小殿筋の間を走り、これらの筋に分布した後に大腿筋膜張筋に達する。

2014-28a_10_上殿動脈・大殿筋剝離.png
上殿動脈 右外寛骨筋より大殿筋剝離
2014-28a_11_上殿動脈・大殿筋剝離し上殿動脈を透過.png
上殿動脈 右外寛骨筋より大殿筋剝離し上殿動脈を透過
2014-28a_12_上殿動脈・大殿筋・中殿筋剝離.png
上殿動脈 右外寛骨筋より大殿筋・中殿筋剝離
2014-28a_09_上殿動脈のみ.png
上殿動脈

参考画像:3D4Medical社 Essential Anatomy 5より


解剖夏期講習 全8回(8月第1週〜4週 火・木)
消化器と泌尿器、神経組織と筋組織、皮膚について徹底的な国試対策
1. 豊富な図による解説
2. 丁寧な問題解説、図による理解
3. 記憶を強固にする「チャンク化」による国試解説
4. 頻出の類似問題などを間引かない、徹底した問題演習

Peatixお申し込みページを見てみる

 

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP