腸腰筋

腸骨筋と大腰筋は、鼠径靭帯の下にある筋裂孔を通って大腿前面に出て、共通の腱となり大腿骨の小転子に付く。両者は機能的にひとつの筋として働くので腸腰筋と呼ばれる。腸腰筋は股関節の最も強力な屈筋で、歩行時には大腿を挙上する働きがある。また股関節の伸筋である大殿筋とともに股関節を固定し、歩行時の体幹や身体のバランスをとっている。下肢が固定されると、体幹を起こす働きがある。また、大腰筋は脊柱下部を引き、腰がしっかりとのびた直立位を保つのに重要である。

腸腰筋の起始、停止、支配神経と作用

腸骨筋(iliacus muscle)

  • 起始・停止
    腸骨の内面の腸骨窩と下前腸骨棘より起こり、大腰筋と合して筋裂孔を通過し、大腿骨の小転子に停止する。
  • 神経支配
    腰神経叢の直接の枝と大腿神経の支配。
  • 作用
    大腿を屈曲する。もし大腿を固定すれば骨盤を前屈する。
2014-28a_04_腸骨筋の起始停止.png
腸骨筋の起始停止

2014-28a_13_腸骨筋の構造.png
腸骨筋の構造

大腰筋(psoas major muscle)

  • 起始・停止
    2頭(浅頭と深頭)ある。浅頭は第12胸椎-第4腰椎の椎体より起こり、深頭は第12肋骨と全腰椎の肋骨突起より起こる。停止は小転子。
  • 神経支配
    腰神経叢の直接の枝と大腿神経。
  • 作用
    大腿を屈曲する。大腿を固定すれば腰椎の前腕を増強する。
2014-28a_03_大腰筋の起始停止.png
大腰筋の起始停止

2014-28a_14_大腰筋の構造.png
大腰筋の構造

小腰筋(psoas minor muscle)

大腰筋の前にある薄い筋で、半数近くで欠如する。

腸腰筋の栄養血管

腸腰筋の主な栄養血管は腸腰動脈だ。大腰筋上部では腰動脈が分布し、筋裂孔より下部では内側大腿回旋動脈が分布している。

2014-28a_01_腸腰筋の栄養血管.png
腸腰筋の栄養血管 前面
2014-28a_02_腸腰筋の栄養血管_腰動脈_腸腰動脈_内側大腿回旋動脈.png
腸腰筋の栄養血管 右前面 大腰筋を透過させてある

腸腰筋の動き

腸腰筋まとめ

 筋名起始停止支配神経作用
腸腰筋
 1. 腸骨筋
腸骨窩小転子大腿神経股関節の屈曲
 2. 大腰筋全腰椎の棘突起,
第12胸椎〜第4腰椎の椎体と椎間円板
腰神経叢

参考画像:3D4Medical社 Essential Anatomy 5 より引用・加工

スポンサードリンク