下顎骨の構造

 

下顎骨 Mandibula

顔面最下部にある顔面骨中、最も強大な骨。

頭蓋と関節で連結するただ1個の骨で、側頭骨と顎関節をつくります。

下顎骨は下顎体と下顎枝に分けられる。下顎体の上面は歯槽部で下顎の歯を入れる16個の歯槽を有する。

下縁正中部は前下方に突出し人類に特有のオトガイをつくる。内面正中にオトガイ棘、その下外側に二腹筋窩がある。ここから下顎枝内面に至る顎舌骨筋線が走る。そのすぐ下を顎舌骨筋神経溝が平行に走り下顎孔に至る。

下顎枝は下顎体との間に下顎角をつくる。外面に咬筋粗面、内面に翼突筋粗面がある。下顎枝の上縁は深くくぼんだ下顎切痕により、後方の関節突起と前方の筋突起に分かれる。

前者は顎関節の関節頭となり、後者には側頭筋が停止する。下顎枝の内面に下顎孔があり、これは下顎管につづき、この中に下歯槽神経、および同名動静脈を通し下顎骨前面にあるオトガイ孔に開く。

スポンサードリンク