ショパール関節とリスフラン関節

足部は左右26個ずつの骨から構成されています。合わせて52個の骨たちで、私たちの体を支え、歩いたり走ったりしています。

足部全体の可動性を考えるときに、ショパール関節とリスフラン関節の構造を把握しておくことが重要です。この2つの関節は足部の「ねじれ」に対する柔軟性を高めます。

ショパール関節

ショパール関節(横足根関節)は、踵骨と距骨、立方骨と舟状骨の間の関節で、踵立方関節と距踵舟関節の2つを合わせた構造をいいます。
踵立方関節と距踵舟関節の関節包はそれぞれ独立しています。

リスフラン関節

リスフラン関節(足根中足関節)は立方骨、内側楔状骨・中間楔状骨・外側楔状骨と5本の中足骨間にできる関節です。

スポンサードリンク