細胞小器官 – リボソーム (タンパク質を合成)

815問の国試過去問で強くなる - アナトミーブートキャンプ アーカイブ版

アナトミーブートキャンプアーカイブ版

リボソームはタンパク質を合成

リボソームはタンパク質の合成を行う。 大小2つのサブユニットからなる「雪だるま」のような形想像するとわかりやすい。50S サブユニット (雪だるまの胴体) と、30S サブユニット (雪だるまの頭) の間にメッセンジャーRNAが挟まり、この情報に基づいてアミノ酸を繋げていきタンパク質を合成する。

遊離リボソームと付着リボソーム

細胞質内に単独で存在しているリボソームは遊離リボソームと呼ばれ、その細胞内で利用されるタンパク質を合成する。
また、粗面小胞体の膜状に存在しているリボソームは付着リボソームと呼ばれ、主に細胞外に分泌されるタンパク質を合成する。

リボソームのタンパク質合成の過程:翻訳

タンパク質の合成は、まず DNA 上の情報が転写され mRNA が合成される。mRNA は核膜孔より出て、粗面小胞体上のリボソームと結合し、 tRNA がアミノ酸をリボソームに運び、アミノ酸相互が結合してタンパク質が合成される。この過程を翻訳という。

cell-organelle---ribosome.jpg

815問の国試過去問で強くなる - アナトミーブートキャンプ アーカイブ版

アナトミーブートキャンプアーカイブ版

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP