核の内部にはDNAとタンパク質が結合した染色質が存在している

核の内部にはDNAとタンパク質が結合した染色質が存在している 系統1.1 細胞

核の内部にはDNAとタンパク質が結合した染色質が存在している

核の内部にはDNAとタンパク質が結合した染色質が存在している

DNAは遺伝情報が収められている分子で、遺伝によって伝えられるあらゆる性質を決定します。
DNAは相補性により二重らせん構造をとります。
DNAはヒストンというタンパク質と結合し折りたたまれ、染色質となります。

通常時は染色質の状態です。しかし長すぎるので、細胞分裂には不向きです。
そこで、細胞分裂の際には凝集しコンパクトになり染色体となります。
この状態になると顕微鏡でよく見える。数えることもできます。

【一問一答】1-1-1 細胞の構造
(解剖学総論・人体の構成)【縦型動画】

隙間時間にスマホで学習しやすい縦型動画を作成いたしました。
ぜひご活用ください。(チャンネル登録よろしくお願いいたします)

一問一答クイズ

知識の確認・基礎力の向上にはクイズ形式も最適です。
教科書や動画で学習し、クイズ形式を行なうことによりわからないところが明確になります。そこをまた調べて、再度覚えます。

【一問一答】1.1.1 人体の構成 – 細胞 (1) 細胞の構造

【画像+プチ解説】1.1.1 細胞 目次

つむぐ指圧治療室 相模大野

私(黒澤一弘)は解剖学の講師を行ないながら、相模大野にて「つむぐ指圧治療室」を開業しております。解剖学に基づいた丁寧な指圧を特徴としています。

ひとつひとつの細胞が喜ぶ。そんな指圧を私たちは目指しています。 お身体の不調、ぜひご相談ください。

→ 相模大野の指圧マッサージ専門店 | つむぐ指圧治療室 指圧&マインドフルネス | こころを込めた施術、確かな技術

【つむぐ指圧治療室 LINEアカウント】
友だち追加

スポンサードリンク